月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

関東学生有力ランナーが熱走!明大の児玉真輝が全体トップ「同世代には負けたくない」/10000m記録挑戦競技会

23日、神奈川・相模原ギオンスタジアムで関東学連主催の10000m記録挑戦競技会が行われ、箱根駅伝出場校のエースたちが競い合った。

同競技会は出場選手の目標タイムによって組分けされ、設定タイムがもっとも高かった9組目では明大の児玉真輝(2年)が28分32秒71でトップ。自己記録(28分22秒27)には届かなかったが、「今日は記録を狙うというよりは28分30~40秒くらいを狙い、レースの流れに乗って組トップになれたらと思っていました」と充実の表情を浮かべた。

児玉は今年5月の関東インカレ前に肺気胸を患い、前半シーズンを棒に振ったが見事に復活。来年1月の箱根駅伝に向けては「(優勝候補の)駒大は自分と同じ2年生世代に強い選手がそろっている。彼らには負けたくない」と強い対抗心を示した。

同組2着は今年の箱根駅伝で関東学生連合チームの6区を走った大川歩夢(東経大3)で28分33秒02。10月の出雲駅伝2区で区間賞を獲得した木付琳(國學院大4)が28分37秒76で3着だった。

箱根駅伝予選会で敗退したチームの選手で構成される関東学生連合チームの選手も複数名出場し、日本薬科大の中山雄太(3年)が9組5着(28分39秒64)と好走。「28分40秒を目標にしていたので、クリアすることができました。高いレベルで競技をしていきたいので、箱根駅伝では大迫(傑)選手が走っていた1区や、相澤(晃/旭化成)選手が走ってきた2区を走りたい。箱根は小学生の時からの夢なので、絶対に走りたい」と意気込んだ。

今年の箱根駅伝王者で11月の全日本大学駅伝でも2連覇を果たした駒大勢も出場し、唐澤拓海(2年)が28分43秒83で全体7位。ケガで全日本大学駅伝を欠場してから初のトラックレースとなったが、「今日は28分30秒くらいを狙っていたので、ちょっとダメでしたね。痛みはもうないので、箱根駅伝ではとにかくチームに貢献する走りがしたい」と話した。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com