HOME ニュース、国内

2021.11.18

城西国際大の女子駅伝部監督に森岡芳彦氏、コーチに松井(旧姓・橋本)康子氏が就任
城西国際大の女子駅伝部監督に森岡芳彦氏、コーチに松井(旧姓・橋本)康子氏が就任

城西国際大学は17日、女子駅伝部の新たな指導陣として、監督に森岡芳彦氏、コーチに松井(旧姓・橋本)康子氏を迎えることを発表した。森岡氏と松井氏は日本生命、セガサミーでの指導者、競技者の関係でもある。

森岡氏は競技者として東京・保善高、大東大、東洋ベアリング(現NTN)を経て、1990年から同社監督に就任。その後日本生命、サミー(のちにセガサミー)、ノーリツの監督として活躍し、松井氏や小崎まり(2005、07年世界選手権女子マラソン代表)らをはじめとした選手らに指導をしてきた。その他、テレビ、ラジオ、YouTubeなどのマラソン中継で技術解説も行っている。

松井氏は競技者として福島・清陵情報高、東女体大、日本生命、サミーと経歴を重ね、日本生命在籍時には2001年には全日本実業団女子駅伝1区区間賞、セガサミー在籍時には2003年ベルリンマラソン、2007年名古屋国際女子マラソンで優勝、2007年世界選手権出場などの実績を残している。2008年に同社陸上部廃部を機に第一線を退き、指導者に転向後はスポーツインストラクター等として活動していた。

城西国際大女子駅伝部は、これまで全日本大学女子駅伝に10回出場。2005年には3位入賞を果たしているものの、2012年以降は出場を逃している。

●森岡監督のコメント
この度、城西国際大学女子駅伝部監督として新たなスタートをすることになりました。選手たちと向き合うなかで、純粋でひたむきに競技する真摯な姿勢に感銘をうけました。彼女たちとともに、更なる未到の地に立つことを目指し、いままで培ってきたすべてを全身全霊で注いで精進して参りますので、ご支援、ご声援をよろしくお願いいたします。

●松井コーチのコメント
走るという競技を通して充実したキャンパスライフとなるよう、それぞれの個性を輝かせるお手伝いが出来たらと思います。

城西国際大学は17日、女子駅伝部の新たな指導陣として、監督に森岡芳彦氏、コーチに松井(旧姓・橋本)康子氏を迎えることを発表した。森岡氏と松井氏は日本生命、セガサミーでの指導者、競技者の関係でもある。 森岡氏は競技者として東京・保善高、大東大、東洋ベアリング(現NTN)を経て、1990年から同社監督に就任。その後日本生命、サミー(のちにセガサミー)、ノーリツの監督として活躍し、松井氏や小崎まり(2005、07年世界選手権女子マラソン代表)らをはじめとした選手らに指導をしてきた。その他、テレビ、ラジオ、YouTubeなどのマラソン中継で技術解説も行っている。 松井氏は競技者として福島・清陵情報高、東女体大、日本生命、サミーと経歴を重ね、日本生命在籍時には2001年には全日本実業団女子駅伝1区区間賞、セガサミー在籍時には2003年ベルリンマラソン、2007年名古屋国際女子マラソンで優勝、2007年世界選手権出場などの実績を残している。2008年に同社陸上部廃部を機に第一線を退き、指導者に転向後はスポーツインストラクター等として活動していた。 城西国際大女子駅伝部は、これまで全日本大学女子駅伝に10回出場。2005年には3位入賞を果たしているものの、2012年以降は出場を逃している。 ●森岡監督のコメント この度、城西国際大学女子駅伝部監督として新たなスタートをすることになりました。選手たちと向き合うなかで、純粋でひたむきに競技する真摯な姿勢に感銘をうけました。彼女たちとともに、更なる未到の地に立つことを目指し、いままで培ってきたすべてを全身全霊で注いで精進して参りますので、ご支援、ご声援をよろしくお願いいたします。 ●松井コーチのコメント 走るという競技を通して充実したキャンパスライフとなるよう、それぞれの個性を輝かせるお手伝いが出来たらと思います。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

NEWS 全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

2024.06.24

全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6月21~30日/米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100mはノア・ライルズが自己タイの9秒83(+0.4)で制し、この種目で初の五輪出場権を手に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top