月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

来春のアジア選手権20km競歩が3年連続の中止 併催の全日本競歩能美大会は開催へ

日本陸連は11月17日、来年3月20日に石川県能美市で開催される予定だったアジア選手権20km競歩を中止すると発表した。アジア選手権20kmの中止は3年連続となる。

同選手権は例年、全日本競歩能美大会や日本学生20km競歩選手権との併催で行われてきた。日本陸連では来春の開催について主催のアジア陸連や関係団体と協議を進めてきたが、新型コロナウイルスの感染防止に関して、海外選手団の行動制限が現在でも継続されていることに踏まえて、アジア各国の感染状況など含めた現在の情勢を考慮し、中止を決定。アジア選手権20km競歩はコロナ禍で2020年から中止となっており、来春で3年連続となる。

なお、併催となる全日本競歩能美大会や日本学生20km競歩選手権は、感染症予防対策と拡大防止策を徹底した上で開催する。実施種目は全日本・学生男子20kmと全日本・学生女子20km、高校男子10km、高校女子5km、中学男子3km、中学女子3kmを予定。ただ、感染拡大状況によっては、大会規模の縮小、延期、中止の可能性もあるとしている。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com