HOME 駅伝

2021.11.08

國學院大が過去最高の4位「強さ発信したい」中大10年ぶりのシード権獲得で藤原監督「泣いてしまった」上位入賞監督コメント集/全日本大学駅伝
國學院大が過去最高の4位「強さ発信したい」中大10年ぶりのシード権獲得で藤原監督「泣いてしまった」上位入賞監督コメント集/全日本大学駅伝


◇第53回全日本大学駅伝(2021年11月7日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km)

國學院大が2018年の6位を上回る、過去最高となる4位に食い込んだ。また、出雲駅伝優勝の東京国際大は3区イェゴン・ヴィンセント(3年)、6区・丹所健(3年)の快走もあり優勝争いを展開。2冠はならなかったが、5位にまとめた。

早大が6位、明大が7位と、名門が終始上位争いを展開。惜しくも優勝争いからは脱落したが、力のあるところを見せた。シード権ボーダーの8位には中大が食い込み、10年ぶりにシード権を獲得した。

4位以下の監督コメントは以下の通り。

4位・國學院大 前田康弘監督
「出入りの激しい我慢の駅伝になった。7、8区に関しては仕上がりも良かったのでここで勝負したいと思っていました。エースの藤木宏太(4年)は故障が続いていて出雲も無理して使ってダメージがあった。よくつないでくれた。そのぶん、1区の島崎慎愛(4年)、2区の木付琳(4年)、7区の平林清澄(1年)がきっちりつないでくれました。よくやってくれましたが、まだやれる。箱根駅伝が総決算。出雲、全日本4位と過去最高だが、約30秒届かなかった。僕らは強いんだと発信できる箱根にしたい」

5区・東京国際大 大志田秀次監督
「レースはヴィンセントを前に置いて前半型としてリードしようと進めた。長いところで順位を落としてしまったのはチームの課題。箱根駅伝に向けて取り組んでいきたい」

6区・早大 相楽豊監督
「まずスタートラインにベストメンバーを準備できなかったこところでハンディを背負ってしまった。大エースと流れを変えるような選手が上位にいて、私たちには足りなかった。太田直希(4年)は無理をすれば走れる状態であるが、まずはリセットして準備したい。千明龍之佑(4年)はジョグを始めている。時間は少ないが箱根までには。課題は山上り。1区間のブレーキで順位が変わるので穴のない準備をしていきたい」

7区・明大 山本佑樹監督
「レース前から目標はシード権と言っていた。7位で取れてまずはよかった。終わってみて、途中、優勝も見えるかなというところもあったが、最後は自力の差が出た。課題と自信にする部分、両方あった」

8位・中大 藤原正和監督
「箱根駅伝の予選会が2週間前。いかにリカバリーできるかと、チャンスがあればという話はしていた。想定通り走ろうと伝えてスタートをさせた。選手たちが頑張ってくれて10年ぶりにシードを取れて、ようやく一ついい思いをさせてあげられた。手嶋駿のゴールの時は泣いてしまいました。できるだけスピード駅伝に対応できるようなトレーニングをしてきて、どちらかというと(予選会より)ここにピークが合うようにしてきた」

◇第53回全日本大学駅伝(2021年11月7日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km) 國學院大が2018年の6位を上回る、過去最高となる4位に食い込んだ。また、出雲駅伝優勝の東京国際大は3区イェゴン・ヴィンセント(3年)、6区・丹所健(3年)の快走もあり優勝争いを展開。2冠はならなかったが、5位にまとめた。 早大が6位、明大が7位と、名門が終始上位争いを展開。惜しくも優勝争いからは脱落したが、力のあるところを見せた。シード権ボーダーの8位には中大が食い込み、10年ぶりにシード権を獲得した。 4位以下の監督コメントは以下の通り。 4位・國學院大 前田康弘監督 「出入りの激しい我慢の駅伝になった。7、8区に関しては仕上がりも良かったのでここで勝負したいと思っていました。エースの藤木宏太(4年)は故障が続いていて出雲も無理して使ってダメージがあった。よくつないでくれた。そのぶん、1区の島崎慎愛(4年)、2区の木付琳(4年)、7区の平林清澄(1年)がきっちりつないでくれました。よくやってくれましたが、まだやれる。箱根駅伝が総決算。出雲、全日本4位と過去最高だが、約30秒届かなかった。僕らは強いんだと発信できる箱根にしたい」 5区・東京国際大 大志田秀次監督 「レースはヴィンセントを前に置いて前半型としてリードしようと進めた。長いところで順位を落としてしまったのはチームの課題。箱根駅伝に向けて取り組んでいきたい」 6区・早大 相楽豊監督 「まずスタートラインにベストメンバーを準備できなかったこところでハンディを背負ってしまった。大エースと流れを変えるような選手が上位にいて、私たちには足りなかった。太田直希(4年)は無理をすれば走れる状態であるが、まずはリセットして準備したい。千明龍之佑(4年)はジョグを始めている。時間は少ないが箱根までには。課題は山上り。1区間のブレーキで順位が変わるので穴のない準備をしていきたい」 7区・明大 山本佑樹監督 「レース前から目標はシード権と言っていた。7位で取れてまずはよかった。終わってみて、途中、優勝も見えるかなというところもあったが、最後は自力の差が出た。課題と自信にする部分、両方あった」 8位・中大 藤原正和監督 「箱根駅伝の予選会が2週間前。いかにリカバリーできるかと、チャンスがあればという話はしていた。想定通り走ろうと伝えてスタートをさせた。選手たちが頑張ってくれて10年ぶりにシードを取れて、ようやく一ついい思いをさせてあげられた。手嶋駿のゴールの時は泣いてしまいました。できるだけスピード駅伝に対応できるようなトレーニングをしてきて、どちらかというと(予選会より)ここにピークが合うようにしてきた」

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.18

女子短距離の山中日菜美が地元・滋賀のマリングレイスとスポンサー契約を締結

女子短距離の山中日菜美(滋賀陸協)と株式会社マリングレイスがスポンサー契約を締結したことを発表した。 山中は滋賀県出身の27歳。立命大を経て、大学卒業1年目の2019年には世界リレー代表にも選出された。2022年に実業団 […]

NEWS サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

2024.06.18

サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストでパリ五輪代表に内定しているサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が主宰する小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」の東日本エリア予選 […]

NEWS サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

2024.06.18

サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

男子短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が企画した100mの競技会「DAWN GAMES」の西日本予選が去る6月9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。 この大会は「陸上人口を増やし、層を厚くしたい」「 […]

NEWS 【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

2024.06.18

【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

ニシ・スポーツから新登場した2024年春夏モデルの「HIGH TECH LINE」シリーズが好評だ。 なかでも、機能性を追求した「ジャカードレーシングTシャツ」は、胸・背・脇に配したエアーダクトホール、吸汗速乾性のある素 […]

NEWS 中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

2024.06.18

中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

WAコンチネンタルツアー・チャレンジャーのNACACニューライフ招待が6月16日にバハマで行われ、男子400mに中島佑気ジョセフ(富士通)が出場。45秒49のシーズンベストで優勝した。 中島は、東洋大4年だった昨年の日本 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top