月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

20年ぶり3位の順大「次につながる」伊勢路ステップに07年以来の箱根V目指す/全日本大学駅伝


◇第53回全日本大学駅伝(2021年11月7日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km)

名門が完全復活へ向けて大きな一歩を伊勢路に刻んだ。これまで箱根駅伝11回、出雲駅伝3回、そしてこの全日本大学駅伝で1度優勝を誇る順大。最終的に駒大、青学大の優勝争いに加わることはできなかったが、5時間14分20秒で3位に食い込んだ。順大の全日本大学駅伝トップ3は2001年以来、実に20年ぶり。三大駅伝で3位以内でも2007年の箱根駅伝優勝以来となる。

「5位以内、あわよくば3位以内を目指していました」。長門俊介監督は充実感を漂わせる。1区はトップから20秒差。オリンピアン・三浦龍司(2年)を2区に据えた。射程圏内だ。「まずは追いついて、そこからレースプランを考えようと思っていました」。すぐさまトップ集団に追いつくと、そこから10チームほどが集団になって進むレアな展開に。「小刻みな変動はありました。大きく切り替えるのはラストしかない」と三浦は冷静だった。残り1km付近の木曽川大橋で後続を引き離し、昨年の1区に続いて2年連続で区間賞獲得。それでも長門監督は「まだまだこんなものではない」と期待を込める

その後も、伊豫田達弥(3年)が区間5位など粘りきり、7区終了時点で5位につける。アンカーに送り出したのは、指揮官が「タフなところ、長いところでの信頼度はとても高い」と言う四釜峻佑(3年)。関東インカレハーフマラソンで日本人トップの4位に入っている四釜は、「3位は死守しよう」という長門監督の声にしっかり応えた。アンカーとして「他校と競った時に走れるかどうか、一つでも順位を上げられるか。不安もありましたが、達成できてよかったです」。2つ順位を上げて、20年ぶりトップ3のフィニッシュを飾った。

今年の順大の目標は箱根駅伝総合優勝。「そのためには今回、絶対に3位以内に入らないといけないと思っていました」と四釜は言う。「優勝を意識できるタイミングもあった」と長門監督は悔しさをのぞかせる一方、「次につながる」と高く評価する。箱根駅伝に向けて、「流れが悪くなっても挽回できるチームになってきました。特殊区間もカバーできるように仕上げていきたい」と明確に“頂点”を見据えているようだ。

かつて4連覇を誇り、“復路の順大”“逆転の順大”と謳われた名門。最後に箱根を制したのは2007年で、『山の神』今井正人が5区を駆け上がり、長門監督が9区をひた走った。今年はオリンピアンがいる、復活のエースがいる、長い距離を任せられるキーマンがいる。順大は、再び頂点へ駆け上がることができるか。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com