HOME 駅伝

2021.11.08

20年ぶり3位の順大「次につながる」伊勢路ステップに07年以来の箱根V目指す/全日本大学駅伝
20年ぶり3位の順大「次につながる」伊勢路ステップに07年以来の箱根V目指す/全日本大学駅伝


◇第53回全日本大学駅伝(2021年11月7日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km)

名門が完全復活へ向けて大きな一歩を伊勢路に刻んだ。これまで箱根駅伝11回、出雲駅伝3回、そしてこの全日本大学駅伝で1度優勝を誇る順大。最終的に駒大、青学大の優勝争いに加わることはできなかったが、5時間14分20秒で3位に食い込んだ。順大の全日本大学駅伝トップ3は2001年以来、実に20年ぶり。三大駅伝で3位以内でも2007年の箱根駅伝優勝以来となる。

「5位以内、あわよくば3位以内を目指していました」。長門俊介監督は充実感を漂わせる。1区はトップから20秒差。オリンピアン・三浦龍司(2年)を2区に据えた。射程圏内だ。「まずは追いついて、そこからレースプランを考えようと思っていました」。すぐさまトップ集団に追いつくと、そこから10チームほどが集団になって進むレアな展開に。「小刻みな変動はありました。大きく切り替えるのはラストしかない」と三浦は冷静だった。残り1km付近の木曽川大橋で後続を引き離し、昨年の1区に続いて2年連続で区間賞獲得。それでも長門監督は「まだまだこんなものではない」と期待を込める

その後も、伊豫田達弥(3年)が区間5位など粘りきり、7区終了時点で5位につける。アンカーに送り出したのは、指揮官が「タフなところ、長いところでの信頼度はとても高い」と言う四釜峻佑(3年)。関東インカレハーフマラソンで日本人トップの4位に入っている四釜は、「3位は死守しよう」という長門監督の声にしっかり応えた。アンカーとして「他校と競った時に走れるかどうか、一つでも順位を上げられるか。不安もありましたが、達成できてよかったです」。2つ順位を上げて、20年ぶりトップ3のフィニッシュを飾った。

今年の順大の目標は箱根駅伝総合優勝。「そのためには今回、絶対に3位以内に入らないといけないと思っていました」と四釜は言う。「優勝を意識できるタイミングもあった」と長門監督は悔しさをのぞかせる一方、「次につながる」と高く評価する。箱根駅伝に向けて、「流れが悪くなっても挽回できるチームになってきました。特殊区間もカバーできるように仕上げていきたい」と明確に“頂点”を見据えているようだ。

かつて4連覇を誇り、“復路の順大”“逆転の順大”と謳われた名門。最後に箱根を制したのは2007年で、『山の神』今井正人が5区を駆け上がり、長門監督が9区をひた走った。今年はオリンピアンがいる、復活のエースがいる、長い距離を任せられるキーマンがいる。順大は、再び頂点へ駆け上がることができるか。

◇第53回全日本大学駅伝(2021年11月7日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km) 名門が完全復活へ向けて大きな一歩を伊勢路に刻んだ。これまで箱根駅伝11回、出雲駅伝3回、そしてこの全日本大学駅伝で1度優勝を誇る順大。最終的に駒大、青学大の優勝争いに加わることはできなかったが、5時間14分20秒で3位に食い込んだ。順大の全日本大学駅伝トップ3は2001年以来、実に20年ぶり。三大駅伝で3位以内でも2007年の箱根駅伝優勝以来となる。 「5位以内、あわよくば3位以内を目指していました」。長門俊介監督は充実感を漂わせる。1区はトップから20秒差。オリンピアン・三浦龍司(2年)を2区に据えた。射程圏内だ。「まずは追いついて、そこからレースプランを考えようと思っていました」。すぐさまトップ集団に追いつくと、そこから10チームほどが集団になって進むレアな展開に。「小刻みな変動はありました。大きく切り替えるのはラストしかない」と三浦は冷静だった。残り1km付近の木曽川大橋で後続を引き離し、昨年の1区に続いて2年連続で区間賞獲得。それでも長門監督は「まだまだこんなものではない」と期待を込める その後も、伊豫田達弥(3年)が区間5位など粘りきり、7区終了時点で5位につける。アンカーに送り出したのは、指揮官が「タフなところ、長いところでの信頼度はとても高い」と言う四釜峻佑(3年)。関東インカレハーフマラソンで日本人トップの4位に入っている四釜は、「3位は死守しよう」という長門監督の声にしっかり応えた。アンカーとして「他校と競った時に走れるかどうか、一つでも順位を上げられるか。不安もありましたが、達成できてよかったです」。2つ順位を上げて、20年ぶりトップ3のフィニッシュを飾った。 今年の順大の目標は箱根駅伝総合優勝。「そのためには今回、絶対に3位以内に入らないといけないと思っていました」と四釜は言う。「優勝を意識できるタイミングもあった」と長門監督は悔しさをのぞかせる一方、「次につながる」と高く評価する。箱根駅伝に向けて、「流れが悪くなっても挽回できるチームになってきました。特殊区間もカバーできるように仕上げていきたい」と明確に“頂点”を見据えているようだ。 かつて4連覇を誇り、“復路の順大”“逆転の順大”と謳われた名門。最後に箱根を制したのは2007年で、『山の神』今井正人が5区を駆け上がり、長門監督が9区をひた走った。今年はオリンピアンがいる、復活のエースがいる、長い距離を任せられるキーマンがいる。順大は、再び頂点へ駆け上がることができるか。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

東京マラソン財団は6月24日、定時理事会を開き、東京マラソン2025の大会要項を発表した。 東京マラソン2025は来年3月2日に開催。定員は38000人でフルマラソンは37500人。応募スケジュールの予定も発表され、6月 […]

NEWS 注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top