月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

1948年ロンドン五輪女子100m銀のマンリー氏が94歳で死去

女子短距離等などで1940~50年代に活躍したドロシー・マンリー氏(英国)が10月31日に死去した。94歳だった。

マンリー氏は48年ロンドン五輪100mの銀メダリスト。自己ベストはこの年にマークした12秒0。

当時は陸上選手だけでなく、タイピストとしての仕事と両立させて競技会に出場していた。ロンドン五輪前年までは走高跳でのオリンピック出場を目指していたが、当時の指導者、サンディ・ダンカン氏にスプリントの能力を見いだされ転向した。

50年の欧州選手権では4×100mリレーで金メダル、200mでは銅メダルを獲得。51年に4×220ヤードリレーで世界記録を樹立した英国チームのメンバーの一人で、52年に現役引退した。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com