月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

旭化成が大会新で4年連続47回目の優勝! 相澤2位発進も区間賞5つで他を圧倒/九州実業団毎日駅伝


◇第58回九州実業団毎日駅伝(11月3日/福岡・北九州市本城陸上競技場前発着)

オープン参加を含む18チームが参加して7区間80.2kmで行われ、今年の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)3位の旭化成Aが3時間48分11秒の大会新記録で優勝した。2位は3時間51分55秒の三菱重工、3位は3時間52分34秒の黒崎播磨。

旭化成は、東京五輪10000m代表の相澤晃が1区(12.9km)を務め、従来の区間記録を8秒上回る36分41秒で駆け抜けたものの、36分28秒の区間新をマークした黒崎播磨・田村友佑に後れを取り、13秒差の2位発進。しかし、3区(10.9km)の市田孝が30分37秒の区間新記録でトップに立つと、5区の小野知大、6区の鎧坂哲哉、7区の大六野秀畝が3連続区間新記録と他を圧倒。2位に3分44秒差をつけた。

今年のニューイヤー駅伝では、27年ぶりのチーム5連覇を狙ったが、優勝した富士通やトヨタ自動車の後塵を拝した。それだけに来年元日でリベンジに燃えている。この日走った選手以外にも村山謙太や市田宏らが控えるなど選手層は厚い。

「一人ひとりが役割を果たせたのが勝因だと思います。全日本実業団駅伝で、絶対に王者奪還したい」と大六野は力強く話した。

文/田端慶子

■第58回九州実業団毎日駅伝
●チーム成績
1位 旭化成A 3.48.11=大会新
2位 三菱重工 3.51.55
3位 黒崎播磨 3.52.34
4位 九電工 3.54.28
5位 トヨタ自動車九州 3.54.50
6位 安川電機 3.55.57
7位 西鉄 3.55.59
8位 戸上電機製作所 3.57.39
===以上、全日本大会出場===
9位 ひらまつ病院 4.03.29
10位 京セラ鹿児島 4.08.33
11位 日置市役所 4.09.39
12位 大分選抜 4.11.48
13位 国分自衛隊 4.12.23
14位 旭化成延岡 4.13.19
15位 IBUSUKI.R.B 4.14.12
16位 佐賀陸協選抜 4.14.26
OP 実業団混成チーム 3.56.17
OP 旭化成B 3.58.59

●区間賞
1区(12.9km) 田村友佑(黒崎播磨) 36.28=区間新
2区(7.0km) ベナード・コエチ(九電工) 19.06
3区(10.9km) 市田 孝(旭化成) 30.37=区間新
4区(9.5km) 茂木圭次郎(旭化成) 27.07
5区(13.0km) 小野知大(旭化成) 37.06=区間新
6区(10.9km) 鎧坂哲哉(旭化成) 31.24=区間新
7区(16.3km) 大六野秀畝(旭化成) 45.57=区間新

※チーム成績に誤りがありましたので訂正しました。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com