月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

世界陸連がルール改訂を発表 レーン侵害の判定基準を緩和 1歩の侵害はセーフに


レーン侵害のルール改定を解説するイラスト(世界陸連ホームページより引用)

世界陸連は11月1日、評議会の承認を経たルールの改訂について発表した。変更後のルールは同日より適用されている。

主な変更点として、レーン侵害が即時失格とならない例外2点が加えられた。(1)曲走路で、レーン内側のラインまたは縁石に一度触れた場合 、(2)レース中に自分のレーンを走行しない場合(オープンレーンなど)において、1歩が内側のラインや縁石を踏むまたは完全に踏み越えた場合。ただし、同一レースで2度の違反があれば失格となる。

レーン侵害のルールについては2018年のバーミンガム世界室内選手権で21の失格があったことなどから、同年より世界陸連技術委員会で議題に上がっていた。

そのほかに発表された変更点については以下の通り。

・フィールド競技の有効・無効試技判定のために使用する視覚的表示について、赤旗・白旗以外の使用の承認。
・400m以上の種目で赤血球生成促進剤を分析するサンプルを要求するなど、世界記録承認に必要なドーピング管理プロセスの詳細。
・男女の50km、35000m競歩、35km競歩の、世界記録種目のリストへの追加。男子は35000m競歩の世界記録承次第、30000m競歩の世界記録は削除される。
・室内での競技会における公認の要件の詳細。
・走幅跳・三段跳での踏切線の角度。
・投てき種目においてアスリートがサークルに入った後、トライアルを開始する前に取る必要のある「静止姿勢」の定義の追加。

以上。国内での適用については日本陸連からの発表を確認する必要がある。(翻訳は編集部による)

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com