HOME 駅伝

2021.11.03

ニューイヤー王者・富士通がアンカー勝負を制して2年連続4回目のV/東日本実業団駅伝
ニューイヤー王者・富士通がアンカー勝負を制して2年連続4回目のV/東日本実業団駅伝


◇第62回東日本実業団対抗駅伝(11月2日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園内周回コース)

昨年に続いてコロナ禍による感染対策で公道を使わず、熊谷スポーツ文化公園の特設コースでの開催。7区間76.4kmで争われ、今年の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)王者・富士通が3時間40分04秒で制して2年連続4回目の優勝を果たした。

マラソンの日本記録保持者・鈴木健吾や東京五輪代表・中村匠吾を温存しながらも、富士通が後半に底力を発揮して、連覇を達成した。

1区の浦野雄平は、区間賞を獲得したHondaの東京五輪10000m代表・伊藤達彦から15秒差の3位発進。比較的好位置につけたものの、外国人選手が集う2区では首位を奪ったヤクルトから51秒差の7位まで後退した。

そこから3区塩尻和也、4区の東京五輪5000m代表・坂東悠汰が前を追ったが、この2区間は小山直城、東京五輪3000m障害に出場した青木涼真のHondaコンビが区間賞を獲得。富士通は4区終了時でトップのHondaと31秒差の4位だった。

しかし、王者は次の5区から反撃に転じ、坂東とともに東京五輪5000mに出場した松枝博輝が区間2位でHondaに25秒差の3位とすると、6区の潰滝大記が区間賞の走りで1秒差まで迫った。

7区の横手健はHondaの設楽悠太とアンカー決戦の末、最後に引き離して2連覇のフィニッシュ。今シーズン、キャプテンを務める横手は「ニューイヤーに向けてなんとか上げて行きたかったが、勝てて良かった」とホッとした様子を見せた。

高橋健一駅伝監督は「今回のレースは、最初からホンダがライバルだと思っていた。うちが勝つとしてもわずかな差かと思っていたが、その通りになった。3区が終わって30秒以内ならと思っていたが、その範囲に抑えてくれて良かった」と振り返った。

8秒差の2位にはHonda、3位には日立物流が入った。12位のコモディイイダまでが来年元日の全日本実業団対抗駅伝に出場する。

■第62回東日本実業団対抗駅伝
●チーム成績
1位 富士通 3.40.04
2位 Honda 3.40.12
3位 日立物流 3.40.17
4位 ヤクルト 3.41.09
5位 GMOインターネットグループ 3.41.10
6位 カネボウ 3.41.15
7位 SUBARU 3.41.43
8位 小森コーポレーション 3.43.18
9位 JR東日本 3.43.43
10位 コニカミノルタ 3.43.56
11位 サンベルクス 3.44.36
12位 コモディイイダ 3.45.15
===以上が全日本大会出場===
13位 埼玉医科大学G 3.45.32
14位 プレス工業 3.45.37
15位 警視庁 3.47.44
16位 八千代工業 3.49.18
17位 新電元工業 3.50.35
18位 NDソフト 3.52.05
19位 ラフィネグループ 3.54.18
20位 自衛隊体育学校 3.54.22
21位 TRACK TOKYO 4.03.43
22位 NTT東京 4.05.46
23位 JP日本郵政グループ東京 4.28.54
棄権 アスリートエージェント

●区間賞
1区(13.4km) 伊藤達彦(Honda) 39.13
2区(8.4km) スタンネリー・ワイザカ(ヤクルト) 22.41
3区(16.8km) 小山直城(Honda) 48.00
4区(8.4km) 青木涼真(Honda) 23.40
5区(8.4km) 前田将太(日立物流) 23.45=区間新
6区(8.4km) 潰滝大記(富士通) 23.34
7区(12.6km) 一色恭志(GMOインターネットグループ) 35.56

◇第62回東日本実業団対抗駅伝(11月2日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園内周回コース) 昨年に続いてコロナ禍による感染対策で公道を使わず、熊谷スポーツ文化公園の特設コースでの開催。7区間76.4kmで争われ、今年の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)王者・富士通が3時間40分04秒で制して2年連続4回目の優勝を果たした。 マラソンの日本記録保持者・鈴木健吾や東京五輪代表・中村匠吾を温存しながらも、富士通が後半に底力を発揮して、連覇を達成した。 1区の浦野雄平は、区間賞を獲得したHondaの東京五輪10000m代表・伊藤達彦から15秒差の3位発進。比較的好位置につけたものの、外国人選手が集う2区では首位を奪ったヤクルトから51秒差の7位まで後退した。 そこから3区塩尻和也、4区の東京五輪5000m代表・坂東悠汰が前を追ったが、この2区間は小山直城、東京五輪3000m障害に出場した青木涼真のHondaコンビが区間賞を獲得。富士通は4区終了時でトップのHondaと31秒差の4位だった。 しかし、王者は次の5区から反撃に転じ、坂東とともに東京五輪5000mに出場した松枝博輝が区間2位でHondaに25秒差の3位とすると、6区の潰滝大記が区間賞の走りで1秒差まで迫った。 7区の横手健はHondaの設楽悠太とアンカー決戦の末、最後に引き離して2連覇のフィニッシュ。今シーズン、キャプテンを務める横手は「ニューイヤーに向けてなんとか上げて行きたかったが、勝てて良かった」とホッとした様子を見せた。 高橋健一駅伝監督は「今回のレースは、最初からホンダがライバルだと思っていた。うちが勝つとしてもわずかな差かと思っていたが、その通りになった。3区が終わって30秒以内ならと思っていたが、その範囲に抑えてくれて良かった」と振り返った。 8秒差の2位にはHonda、3位には日立物流が入った。12位のコモディイイダまでが来年元日の全日本実業団対抗駅伝に出場する。 ■第62回東日本実業団対抗駅伝 ●チーム成績 1位 富士通 3.40.04 2位 Honda 3.40.12 3位 日立物流 3.40.17 4位 ヤクルト 3.41.09 5位 GMOインターネットグループ 3.41.10 6位 カネボウ 3.41.15 7位 SUBARU 3.41.43 8位 小森コーポレーション 3.43.18 9位 JR東日本 3.43.43 10位 コニカミノルタ 3.43.56 11位 サンベルクス 3.44.36 12位 コモディイイダ 3.45.15 ===以上が全日本大会出場=== 13位 埼玉医科大学G 3.45.32 14位 プレス工業 3.45.37 15位 警視庁 3.47.44 16位 八千代工業 3.49.18 17位 新電元工業 3.50.35 18位 NDソフト 3.52.05 19位 ラフィネグループ 3.54.18 20位 自衛隊体育学校 3.54.22 21位 TRACK TOKYO 4.03.43 22位 NTT東京 4.05.46 23位 JP日本郵政グループ東京 4.28.54 棄権 アスリートエージェント ●区間賞 1区(13.4km) 伊藤達彦(Honda) 39.13 2区(8.4km) スタンネリー・ワイザカ(ヤクルト) 22.41 3区(16.8km) 小山直城(Honda) 48.00 4区(8.4km) 青木涼真(Honda) 23.40 5区(8.4km) 前田将太(日立物流) 23.45=区間新 6区(8.4km) 潰滝大記(富士通) 23.34 7区(12.6km) 一色恭志(GMOインターネットグループ) 35.56

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.17

100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

富士通は7月17日、女子100mハードルでパリ五輪代表に内定した田中佑美のオンライン会見を開いた。 日本選手権で2位となった田中。参加標準記録(12秒77)には届かず、ワールドランキングではターゲットナンバー(出場枠)4 […]

NEWS 女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

2024.07.17

女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

女子800mのP.ギル(英国)がプーマとの契約締結を自身のSNSで発表した。 ギルは2007年4月生まれの17歳。800mで今年5月のベルファスト・アイリッシュ・マイラーズ・ミーティング(英国)でU18世界歴代2位、U2 […]

NEWS トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

2024.07.17

トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

関東学連が主催する第19回トワイライト・ゲームス(7月21日)のスタートリストが更新され、男子110mハードルに日本記録を持つ泉谷駿介(住友電工)が出場することがわかった。 泉谷は13秒04の日本記録保持者。今年はこれま […]

NEWS 「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

2024.07.16

「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

スイスのスポーツブランド「On(オン)」およびオン・ジャパンは、レーシングシューズやスパイクシューズを含むランニングシューズコレクションの最高峰「Prism Capsule(プリズム カプセル)」4品番を7月11日から発 […]

NEWS 福井ナイトゲームズのクラウドファンディングがスタート!フィールド内観戦も!支援金はアスリートへの報奨金

2024.07.16

福井ナイトゲームズのクラウドファンディングがスタート!フィールド内観戦も!支援金はアスリートへの報奨金

福井陸協が主催する日本グランプリシリーズG2の「Athlete Night Games in FUKUI 2024」のクラウドファンディングが今年もスタートした。 同大会は「海外のような雰囲気」を目指し、福井陸協がクラウ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top