月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

出水中央が初優勝で悲願の都大路へ 女子は神村学園が1時間7分台で6連覇/鹿児島県高校駅伝


◇鹿児島県高校駅伝(11月2日/指宿市営陸上競技場発着)

男子(7区間42.195km)は出水中央が2時間6分13秒で初優勝。創部19年目にして悲願の都大路出場を決めた。女子(5区間21.0975km)は、昨年全国2位の神村学園が1時間7分50秒で6年連続28回目の優勝を果たした。

出水中央は1区の石丸惇那(3年)が鹿児島実・平八重充希(3年)と激しい競り合いの末、ラスト500mで抜け出して1位中継。リードは4秒だったが2区(3km)の松下俊海(1年)は冷静な走りを見せた。序盤詰められながらも、「迫られても、ラストで離せる自信があったので、自分のペースで走りました」と8分21秒の区間新記録。2位に浮上した鹿児島城西に23秒差、鹿児島実に24秒差と、流れを引き寄せた。

その後も4区の玉目陸(1年)、5区の飯田翔大(1年)、6区の池田結楽(2年)が3区間連続区間賞。2位に1分53秒をつける総合力で初の全国切符を掴み取った。

東京五輪女子マラソン8位の一山麻緒(ワコール)の出身校だが、都大路は男女通じて初。玉目隆博監督は「うれしいですが、出来は80点ぐらい。九州大会で90点、全国で100点の走りをして、初出場初入賞を成し遂げたい」とさらなる高みを見据えた。

神村学園は1区を務めた主将の久保心優(3年)が、強い向かい風にも臆せず、先頭でレースを引っ張り、2位に27秒差をつけて留学生の2区のカリバ・カロライン(1年)にタスキリレー。カロラインは4.0975kmを12分20秒の区間新でリードを1分43秒まで広げた。3~5区の2年生も区間賞で、他を圧倒した。

日中の気温が25度を超え、5m近い風が吹く中、3年ぶりの全国制覇へ向けてその強さを披露。しかし、コロナ禍で例年より仕上がりが遅れているという。有川哲蔵監督は「風が強く、条件的にも厳しい中でよく走ったと思います。経験だけが不足しているチームですので、全国大会までに経験をプラスして、虎視眈々と優勝を狙いたい」と6年連続28回目の全国大会を意気込んだ。

全国高校駅伝は12月26日、京都・たけびしスタジアム京都を発着点に行われる。

文/田端慶子

※選手名に一部誤りがあり、訂正しました。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com