月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

1区で旭化成・相澤と三菱重工・井上が対決 トヨタ自動車九州は今井正人が3年ぶりに出場/九州実業団駅伝

11月3日に行われる九州実業団毎日駅伝(7区間80.2km/福岡・北九州市本城競技場発着)の区間エントリーが発表された。

4年連続57回目の優勝を目指す旭化成Aは1区に10000m27分18秒75の日本記録を持ち、東京五輪にも出場した相澤晃が1区にエントリー。その他は今年1月の全日本実業団駅伝3位に入ったメンバーを中心としたオーダーを組み、最長16.0kmの7区は大六野秀畝が務める。V奪還を狙う三菱重工も1区にチームの大黒柱の井上大仁が出場。序盤から激しい先頭争いを繰り広げそうだ。

トヨタ自動車九州はベテランの今井正人が5区にエントリー。3年ぶりの出場で、前回(3位)以上の順位を目指す。九電工は東京五輪マラソン補欠の大塚祥平が3区に登場する。

スタートは午前9時。上位8チームに来年元日の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)の出場権が得られる。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com