月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

埼玉栄が3年ぶりの男女V 男子は5年連続41回目、女子は3年ぶり26回目の都大路/埼玉県高校駅伝

埼玉県高校駅伝は11月1日、熊谷市の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場と同公園内で行われ、男女ともに埼玉栄が制して3年ぶりの男女Vを達成した。男子(7区間42.195km)は2時間5分59秒で5年連続40回目の制覇。女子(5区間21.0975km)は1時間11分09秒で3年ぶり25回目の県女王に輝いた。

男子は、1区(10km)の久保田琉月(2年)が、花咲徳栄・生駒直幸(3年)と最後まで激しく競り合った末、29分51秒の同タイムながらわずかに先着して首位中継。2区でも花咲徳栄とつばぜり合いを演じたが、3区の森基(3年)が区間賞の快走で抜け出した。2位に浮上した東農大三に49秒のリードを奪うと、4区(8.0875km)の本間楓(3年)は24分21秒、5区(3km)の鍵山光琉(2年)は8分33秒といずれも区間新。終わってみれば7区間すべて区間トップの快勝だった。

女子は1区を務めた田中希実(2年)が区間賞発進。さらに、3区の椙山恵衣(2年)と5区の前田七海(2年)も区間賞を獲得するなど、中盤以降も安定したレース運びでトップを守った。3連覇を目指した昌平は1分11秒差の2位だった。

全国大会は12月26日に京都・たけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に行われる。埼玉栄は男子が5年連続41回目、女子は3年ぶり26回目の出場となる。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com