月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

富士通は4区坂東、5区松枝の五輪代表リレー 初V狙うGMOは3区に吉田/東日本実業団駅伝

正月の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)の予選会を兼ねた第62回東日本実業団対抗駅伝は11月3日、埼玉・熊谷スポーツ文化公園内の周回コースで行われ、その出場チームの区間エントリーが発表された。

前回大会を制し、年明けのニューイヤー駅伝でも優勝を飾った富士通は東京五輪5000m代表の坂東悠汰を4区、松枝博輝を5区に配置。マラソン日本記録保持者の鈴木健吾は補欠に回った。

昨年は3位だったHondaは1区にエースで東京五輪10000mに出場した伊藤達彦を配して逃げ切りを狙う布陣。3000m障害代表の青木涼真が4区、ルーキーの川瀬翔矢は6区に入った。前回2位で大会初優勝を目指すGMOインターネットグループは昨年の福岡国際マラソンVの吉田祐也が3区に。新加入の村山紘太は4区に投入された。

チームエントリーから1チームが欠場し、23チームが出場。上位12チームが全日本実業団対抗駅伝(2022年1月1日)の出場権を得られる。レースは11月3日午前8時00分スタート。

■東日本実業団駅伝
2021年11月3日(水・祝)
熊谷スポーツ文化公園競技場および公園内特設周回コース 7区間76.4km

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com