月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

最後の福岡国際マラソン招待選手発表 設楽悠太、高久龍、川内優輝らがエントリー


12月5日に行われる第75回福岡国際マラソン(平和台陸上競技場発着)の国内招待選手が発表された。

男子マラソンの元日本記録保持者(2時間6分11秒)である設楽悠太(Honda)や、日本歴代7位の2時間6分45秒が自己記録の高久龍(ヤクルト)、プロランナーの川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)らが国内招待選手として名を連ねる。他にも今年のびわ湖毎日マラソンで2時間6分35秒の細谷恭平(黒崎播磨)、同大会で2時間6分台の上門大祐(大塚製薬)も出場予定。一般ランナーとして、村山謙太(旭化成)、NTNを退部したセルオド・バトオチル(三重陸協)らもエントリーしている。なお、コロナ禍から今年も海外招待選手は設けられていない。

ペースメーカーとして、佐藤悠基(SGホールディングスグループ)や、国内外国人選手のサイモン・カリウキ(戸上電機製作所)、パトリック・ワンブィ(NTT西日本)らが登録された。

長い歴史を誇り、世界陸連のヘリテージプラーク(陸上世界遺産)にも認定された福岡国際マラソンだが、経済面や注目度から「継続は困難」とし、今年の大会を最後にその歴史を閉じることが決まっている。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com