月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

丹後大学駅伝の地上波テレビ放映実現へ向け、ふるさと納税での寄附募集をスタート


京都府の京丹後市教育委員会は、11月20日(土)に行われる丹後大学駅伝(関西学生駅伝)をテレビ地上波で放映することを目的に、ふるさと納税での寄附の募集を行うことを発表した。本プロジェクトは後援自治体(宮津市、与謝野町、京丹後市)の総意のもと、幹事自治体の京丹後市が代表するかたちで執り行われる。昨年も同様のプロジェクトを行い、テレビ放映が実現した。

今年の募集期間は11月22日(月)23時59分まで。目標金額は300万円で、寄附金は関西学生陸上競技連盟へ全額補助金交付となる。返礼品は京丹後市内で利用可能な旅行、宿泊クーポンとなる予定。

本プロジェクトには丹後大学駅伝に出場し、東京五輪20km競歩銅メダル獲得の山西利和(愛知製鋼/京大卒)やマラソンの上門大祐(大塚製薬/京産大卒)。ロンドン五輪マラソン出場の木崎良子(佛教大卒)、14、15年日本選手権10000m連覇の西原加純(シスメックス/佛教大卒)らをはじめ、多くのアスリートも賛同している。

丹後大学駅伝は1936年に3支部対抗駅伝競走の名称でスタートし、翌1937年からは関西学生対校駅伝として開催された。1987年から2004年、2013年から現在に至るまで丹後地域で開催され、丹後大学駅伝の名称で親しまれている。85年という長い歴史がありながらも全国的な知名度は低いことが課題としてあるため、ゆくゆくは箱根駅伝に匹敵する大会へ発展することを目指している。

プロジェクトサイト
丹後大学駅伝のさらなる発展のために出場選手の激走をテレビで放映したい! ~みんなの力で「箱根」に追いつけ!プロジェクト2021~

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com