月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男女ともに学法石川が圧勝 男子は2時間6分24秒で11連覇、女子は1時間10分55秒で9回目の都大路/福島県高校駅伝


福島県高校駅伝は10月28日、猪苗代町総合体育館前を発着とするコースで行われ、男女ともに学法石川が圧勝した。男子(7区間42.195km)は1区から独走し、2時間6分24秒で11年連続13回目の制覇。女子(5区間21.0975km)は1時間10分55秒で6年連続8回目のVを果たし、全国大会には地区代表を含め9年連続9回目の出場を決めた。

男子は、5000mで高校歴代10位の記録(13分46秒95)を持つ山口智規(3年)が1区(10km)で区間2位に1分25秒差をつける29分55秒で首位中継。その後もトップを守り、3区を務めたインターハイ5000m7位の菅野裕二郎(3年)ら、7区間中6区間で区間賞を獲得した。

女子は、インターハイ1500m5位の大河原萌花(3年)が1区を先頭で駆け抜けると、残りの4区間も区間賞で後続を引き離し、2位に6分14秒差をつけた。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com