月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男女ともにケニア勢が優勝 男子はキプルトが2時間9分51秒、女子はキプヨゲイが2時間24分45秒/ボストン・マラソン

ボストン・マラソンは10月11日、米マサチューセッツ州のボストン郊外から市街地までの片道コースで行われ、男女ともにケニア勢が優勝した。男子は2時間9分51秒で30歳のベンソン・キプルト、女子は2時間24分45秒で27歳のダイアナ・キプヨゲイが制し、2人とも初V。なお、男子には川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)が出場予定だったが、左膝を痛めた影響で欠場を発表している。

この他、パラ部門には東京パラリンピック女子マラソン(視覚障害T12)金メダリストの道下美里(三井住友海上)が招待選手として出場し、3時間8分14秒で制覇。車いす男子では洞ノ上浩太(ヤフー)が1時間34分16秒で7位に入った。

昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となり、2年ぶりの開催。例年の4月から延期されて行われた。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com