月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

箱根駅伝予選会/明大・鈴木、中大・吉居、法大・鎌田ら順当に登録 中央学大・武川は外れる

関東学連は11日、第98回箱根駅伝の予選会(10月23日)に出場する大学と登録選手を発表した。

上位通過を狙う明大は主将の鈴木聖人(4年)や手嶋杏丞(4年)らが順当にメンバー入り。肺気胸を患っていた児玉真輝(2年)も登録された。中大は5000mU20日本記録保持者で昨年、従来のハーフマラソンU20日本最高に並ぶ快走を見せた吉居大和(2年)や三浦拓朗(4年)、森凪也(4年)といった主力がそろって登録された。

そのほか、74年連続出場が懸かる日体大の藤本珠輝(3年)、法大で前回箱根駅伝1区区間賞の鎌田航生(4年)ら各校のエースも順当にメンバー入り。また、10000mで日本学生記録を樹立した拓大のジョセフ・ラジニ(3年)にも注目が集まる。

前回出場を逃した中央学大は3年生主将の小島慎也、栗原啓吾(4年)が入った一方で、前々回箱根6区で快走した武川流以名(3年)が外れている。

初出場を狙う駿河台大は日本インカレ10000m連覇の留学生のジェームズ・ブヌカ(4年)や、教員を経て入学した31歳の今井隆生(4年)が登録。上野裕一郎監督が率いる立教大も注目だが、主力の一人・服部凱杏(2年)は登録されなかった。日大、大東大といった伝統校は留学生の力を借りつつ、日本人選手たちの奮起に期待がかかる。

箱根駅伝予選会には前回から5チーム減の46校が出場。各校10人から14人が登録され、12人まで出走。上位10人の合計タイムによって上位10チームが本戦出場権を得る。

これまで陸上自衛隊立川駐屯地から国営昭和記念公園までのコースで行われていたが、昨年からコロナ禍の影響により立川駐屯地内の周回コース(ハーフマラソン)で行われており、今年も無観客で同じく立川駐屯地内コースで実施。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com