【Web特別記事】日本インカレSide Story①天城帆乃香(中京大)〝天才少女〟の葛藤と成長

【Web特別記事】
日本インカレSide Story①
天城帆乃香(中京大)
〝天才少女〟の葛藤と成長

 9月12日から15日にかけて岐阜・メモリアルセンター長良川競技場で行われた日本インカレ。大会報道は月刊陸上11月号に掲載予定だが、Webでは誌面で紹介しきれないサイドストーリーをいくつかお届けする。

日本インカレで100m、走幅跳、4継に出場した天城帆乃香(写真提供/中京大)

〝天才少女〟の苦悩

 日本インカレで、天城帆乃香(中京大4年)は女子100mと走幅跳、そして4×100mリレーに出場した。ずっと取り組んできた種目。大学4年目、最後のインカレはいずれも予選落ちに終わった。走幅跳はあとわずか2cmで決勝進出を逃した。

「どれも楽しくやれましたが、記録が出せなかったのが悔しい」

 溜め込んでいた感情は、試合を終えると一気に涙になって溢れ出た。

「走幅跳でもう少し記録を出したかったです。悔いなく出し切りたかったし、感謝の気持ちを結果で残したかった。自己ベストは2012年のままなので」

 天城帆乃香の名は小学生時代から全国に轟いていた。走幅跳では小6で5m21を跳び、全国小学生交流大会の大会記録(当時)も作った。中1から100mと走幅跳で全中に出場すると、中1の3月末には12秒01(中1歴代2位)で駆け抜けている。

 中2の全中こそ腰のケガの影響で100m準決勝敗退、走幅跳は決勝棄権と悔しい思いをしたが、秋のジュニア五輪は走幅跳優勝、4×100mリレーと2冠を果たす。

 迎えた中3の全中は、走幅跳で過去2年の悔しさをバネに大ジャンプ。大会記録に1cmと迫る6m11を跳んで優勝し、11秒95のベストを持って臨んだ100mで4位、4継でも4位とフル回転し、女子MVPに輝いた。

〝天才少女〟〝スーパー中学生〟。そんな肩書きが必ずついて回り、高校生になった天城を苦しめることになる。

「正直、しんどかったです。期待してもらっているのに全然活躍できない。それなのに気にかけてくれる人もいて、申し訳ない気持ちでいっぱいでした」

 心ない言葉が天城の耳に届こくこともあった。タイトルに届かず、「陸上は高校まででやめよう」と一時は決意。それでも、幼い頃から指導してくれる水野信人コーチや、母をはじめとする家族、仲間がいつも支えてくれた。

 特に水野コーチや母には、時に厳しく叱咤され、負けず嫌いな性格ゆえ衝突することもあった。「これまで感謝の言葉を伝えたことはないんですけどね」と苦笑いするが、自分を思ってくれていることは常に感じていた。

「中京大じゃなかったら乗り越えられなかった」と天城は感謝の言葉を並べた(写真提供/中京大)

中学時代をリセットして自立

 天城は高校最後の大会となった日本ジュニア室内で〝高校初タイトル〟を手にし、中京大へと進学。走ることも、跳ぶこともあきらめなかった。

 大学1年の秋には6m01を跳んで日本ジュニア選手権でも優勝。だが、以降、天城は〝6m〟を跳べないまま時が過ぎた。

「中学の時は言われるまま練習して、言われた通り跳べば記録が出ました。でも、ケガもあって、体重も増えて、なかなか記録が出ませんでした」

 過食したわけでも、練習をサボったわけでもない。それでも、体型は確実に変化した。

「苦しかったですね。まず、走幅跳の技術、感覚を捨てる必要がありました。でも、結果を残してきた技術を捨てたくなかった。リセットするまですごく時間がかかりました。中学時代に先生たちに頼り過ぎていたんです」

 そして最終学年。「今年は試合ごとに改善できている感じがあったんです」と、手応えをつかんでいた。アベレージは確実に上がり、5m後半を安定して跳べるようになった。

「やっと自分で考えて取り組めている感じがあって、記録が出なくてもやりがいがありました。高校時代にもう少し早く自立しようとしていれば……」

 ただ、こうも思える。

「苦しかったけど、それを乗り越えられたから今の自分があります。最後は本当に楽しめました。仲間に感謝です。女子選手は身体も変わるし、環境の変化に対応するのも難しい。でも、最後まであきらめなければ得られるものがある。同じような立場の後輩に言えることがあるとすれば、〝あきらめないで〟ということ」

中京大の仲間たちと一緒に応援。カメラを撮影しているのが天城

 天城は卒業後、特別支援学校の教諭になることを目指している。

「これで競技をやめようかなって思っていたんですが、終わってみると中途半端で終わりたくない、中学の時のベストを超えたいという気持ちが出てきました。仕事をしながら、もう少し跳んでみようかな」

 苦しんだ末に自分で決断した新たな一歩。それは中学時代に跳んだ6m11とは違った価値を持つ、大きな大きなジャンプになる。

文/向永拓史