HOME ニュース

2021.09.23

男子110mHリオ五輪代表の矢澤航が引退発表「幸せな選手生活でした」全日本実業団に出場
男子110mHリオ五輪代表の矢澤航が引退発表「幸せな選手生活でした」全日本実業団に出場

男子110mハードルでリオデジャネイロ五輪に出場した矢澤航(デサントTC)が、9月26日に行われる全日本実業団選手権のレースをもって引退すると所属先のSNSから発表された。

1991年生まれの矢澤は神奈川・岩崎中学3年時に13秒84の日本中学新記録(当時/中学生規格)で全中を制するなど中学時代から同世代のトップで活躍。その後、高校、大学、社会人とすべての世代で日本一を経験し、日本選手権は法大3年時の11年に初優勝を飾ると、13年、16年と3度の優勝を果たした。また、国際大会でも10年の世界ジュニア選手権で7位入賞、13年のアジア選手権では銅メダルを獲得している。

16年は布勢スプリントで13秒47の日本歴代3位(当時)をマークして、リオデジャネイロ五輪の標準記録を突破。本番では大雨のでのレースとなり本領を発揮できず、再レースも行われたものの準決勝に進むことはできなかったが、日本人として2大会ぶりの五輪出場を果たした。

その後は膝の故障などで記録も伸び悩み、近年は若手の台頭もあって、今年6月の日本選手権では予選敗退を喫していた。

矢澤は自身のSNSで「本当にありがとうございました。ここまで続けてこられて幸せな選手生活でした。陸上を通しての出会い全てに感謝しております」とコメントした。

男子110mハードルでリオデジャネイロ五輪に出場した矢澤航(デサントTC)が、9月26日に行われる全日本実業団選手権のレースをもって引退すると所属先のSNSから発表された。 1991年生まれの矢澤は神奈川・岩崎中学3年時に13秒84の日本中学新記録(当時/中学生規格)で全中を制するなど中学時代から同世代のトップで活躍。その後、高校、大学、社会人とすべての世代で日本一を経験し、日本選手権は法大3年時の11年に初優勝を飾ると、13年、16年と3度の優勝を果たした。また、国際大会でも10年の世界ジュニア選手権で7位入賞、13年のアジア選手権では銅メダルを獲得している。 16年は布勢スプリントで13秒47の日本歴代3位(当時)をマークして、リオデジャネイロ五輪の標準記録を突破。本番では大雨のでのレースとなり本領を発揮できず、再レースも行われたものの準決勝に進むことはできなかったが、日本人として2大会ぶりの五輪出場を果たした。 その後は膝の故障などで記録も伸び悩み、近年は若手の台頭もあって、今年6月の日本選手権では予選敗退を喫していた。 矢澤は自身のSNSで「本当にありがとうございました。ここまで続けてこられて幸せな選手生活でした。陸上を通しての出会い全てに感謝しております」とコメントした。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.17

ぴあ株式会社が東京世界陸上とスポンサー契約を締結 多くの大規模イベントでチケッティングサービスの実績

東京2025世界陸上財団は6月178日、ぴあ株式会社とスポンサー契約を締結したことを発表した。これまで多くのイベントでチケットの販売や入場管理業務の実績を持つ同社は、2025年に開催される東京世界陸上をサポートしていくと […]

NEWS ケジェルチャが10000m世界歴代7位の26分31秒01! アレガヴィも歴代8位 17歳メハリーが26分37秒93

2024.06.17

ケジェルチャが10000m世界歴代7位の26分31秒01! アレガヴィも歴代8位 17歳メハリーが26分37秒93

6月14日、エチオピアの10000m五輪トライアルがスペイン・ネルハで開催され、男子10000mではドーハ世界選手権銀メダルのY.ケジャルチャが今季世界最高、世界歴代7位の26分31秒01で優勝した。 ケジャルチャは東京 […]

NEWS ワニョニイが800m歴代3位の1分41秒70 オマニャラ9秒79 キピエゴンは1500m、5000mで五輪代表に

2024.06.17

ワニョニイが800m歴代3位の1分41秒70 オマニャラ9秒79 キピエゴンは1500m、5000mで五輪代表に

6月14~15日、ケニア・ナイロビでケニアの五輪選考会が開催され、男子800mではブダペスト世界選手権銀メダルのE.ワニョニイが世界歴代3位の1分41秒70で優勝した。 19歳のワニョニイは、昨年の世界選手権銀メダリスト […]

NEWS 男子走高跳・全中王者の清水怜修がジャンプオフ制す 山﨑天心が短距離2冠 女子200mは同記録V/IH南関東

2024.06.17

男子走高跳・全中王者の清水怜修がジャンプオフ制す 山﨑天心が短距離2冠 女子200mは同記録V/IH南関東

◇インターハイ南関東地区大会(6月14~17日/東京・駒沢陸上競技場、大井陸上競技場)3日目 夏の福岡インターハイ出場を懸けた南関東地区大会の3日目が行われ、酷暑の中でも多くの好勝負が生まれ、男子走高跳は1位と6位に2人 […]

NEWS 400mH・川上大智が51秒95で制す!大会新Vの400mと2冠 女子100m大石夕月が11秒台で優勝/IH四国

2024.06.17

400mH・川上大智が51秒95で制す!大会新Vの400mと2冠 女子100m大石夕月が11秒台で優勝/IH四国

インターハイ四国地区大会(6月15日~17日/高知・春野総合運動公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた四国地区大会の2日目が行われ、男子400mハードルでは川上大智(観音寺総合3香川)が51秒95で優勝。2年連 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top