月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子110mHリオ五輪代表の矢澤航が引退発表「幸せな選手生活でした」全日本実業団に出場

男子110mハードルでリオデジャネイロ五輪に出場した矢澤航(デサントTC)が、9月26日に行われる全日本実業団選手権のレースをもって引退すると所属先のSNSから発表された。

1991年生まれの矢澤は神奈川・岩崎中学3年時に13秒84の日本中学新記録(当時/中学生規格)で全中を制するなど中学時代から同世代のトップで活躍。その後、高校、大学、社会人とすべての世代で日本一を経験し、日本選手権は法大3年時の11年に初優勝を飾ると、13年、16年と3度の優勝を果たした。また、国際大会でも10年の世界ジュニア選手権で7位入賞、13年のアジア選手権では銅メダルを獲得している。

16年は布勢スプリントで13秒47の日本歴代3位(当時)をマークして、リオデジャネイロ五輪の標準記録を突破。本番では大雨のでのレースとなり本領を発揮できず、再レースも行われたものの準決勝に進むことはできなかったが、日本人として2大会ぶりの五輪出場を果たした。

その後は膝の故障などで記録も伸び悩み、近年は若手の台頭もあって、今年6月の日本選手権では予選敗退を喫していた。

矢澤は自身のSNSで「本当にありがとうございました。ここまで続けてこられて幸せな選手生活でした。陸上を通しての出会い全てに感謝しております」とコメントした。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com