月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

田中希実が福島で快走 800m2分6秒76でV/TWOLAPS MIDDLE DISTANCE CIRCUIT

◇TWOLAPS MIDDLE DISTANCE CIRCUIT in FUKUSHIMA(9月23日/福島・郡山)

中長距離専門クラブ「TWOLAPS TC」が企画・運営する「TWOLAPS MIDDLE DISTANCE CIRCUIT」の第2戦となる福島大会が23日、福島県郡山市の郡山ヒロセ開成山競技場で行われ、女子800mでは東京五輪1500m8位の田中希実(豊田自動織機TC)が2分06秒76で優勝した。

2日前の日体大長距離競技会で日本歴代5位の2分02秒36をマークしたばかりの田中は、連戦の疲れも見せずキレのある走りを披露。レースでは地元の小学生ランナーがペースメーカーを務め、選手たちはペースメーカーを抜いてはいけないという特別ルールの下で実施されたが、400mを1分07秒で通過するとペースメーカーが離れたあとは強烈なスパートで2位以下を大きく引き離してフィニッシュした。

レース後には「(小学生ペースメーカーの)最初の200mのペースが速くて脚がキツかった」と苦笑いしながらも、「疲れもなくきています」とコメント。観客の声援に笑顔で応えた。

「TWOLAPS MIDDLE DISTANCE CIRCUIT」は10月30日に東京でファイナルステージ(1000m)を開催。8月に行われた大阪大会と今回の上位選手とバーチャルレースの優勝者、五輪代表、日本選手権優勝者らが出場し、1位の選手には国内の競技会では最高額となる賞金100万円が授与される。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com