月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

ロンドン五輪代表の市川華菜とベルリン世界選手権代表の和田麻希が現役引退 全日本実業団がラストレース


ミズノは9月16日、ミズノトラッククラブに所属する女子短距離の和田麻希と市川華菜が9月24日~26日の全日本実業団対抗選手権(大阪・ヤンマースタジアム長居)を最後に現役を引退すると発表した。

1986年生まれの和田は、09年に龍谷大を卒業してチームミズノアスレティックに加入。12年からはミズノトラッククラブに所属している。

09年にはモスクワ世界選手権女子4×100mリレーではアンカーを務めた他、翌10年のコンチネンタルカップ4×100mリレーでは、日本選手で構成されたアジア太平洋チームの1走を担当した。

日本選手権には大学1年生だった05年から今年まで17年連続出場。うち13大会で入賞(決勝には100m7回、200m12回進出)。自己ベストは100m11秒53(18年)、200m23秒67(07年)。

市川は1991年生まれ。中京大1年時の10年世界ジュニア選手権200mで8位に入り、この種目日本勢初入賞を果たした。翌11年4月の織田記念100mで追い風参考ながら11秒28をマークすると、5月のゴールデングランプリ川崎女子4×100mリレーでは日本代表のアンカーを務め、日本記録43秒39を打ち立てた。その後はトップスプリンターとして活躍し、17年日本選手権では100mと200mで2冠を達成している。

国際大会ではリレー代表として出場。五輪には12年ロンドン大会で4×100mの2走を務め、世界選手権では11年テグ大会では4×100mのアンカー、15年北京大会では4×400mの2走として3分28秒91の日本新をマークした。アジア大会でも14年仁川、18年ジャカルタと出場している。

自己ベストは100m11秒43(12年、日本歴代8位タイ)、200m23秒39(17年、日本歴代6位)。近年は故障などで本来の力が出せずにいた。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com