月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

10月の日本選手権リレー、U16リレーの中止を発表 コロナ感染拡大防止強化のため


日本陸連は、10月22日から24日にかけて愛媛県(総合運動公園陸上競技場)で開催を予定していた第105回日本選手権リレーと、第52回U16陸上大会4×100mリレーの中止を発表した。

同日程ではU18・16陸上大会が併催されるが、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から「大会に関わる人(選手・引率者・競技役員など)を5000名以下に縮小するため」に中止を決めた。なお、U18・16大会の個人種目は現時点で無観客試合での開催に向けて準備が進められている。またコロナ禍で大会等が中止・延期となっていることや部活動停止により出場資格が得られないという声が多く、出場資格の一部を改訂。また、同大会に参加する選手および引率者は愛媛県への来県72時間以内にPCR検査または抗原定量検査を義務づけ、陰性結果が分かるもの受付時に提出することを決めた。

U18・16大会は18歳未満(男女15種目)、16歳未満(男女11種目)が出場する全国大会。U20日本選手権は6月に日本選手権と併催されている。昨年もこの形式で開催を予定していたがコロナ禍で夏のインターハイ・全中が中止となったことを受け、秋に代替大会として全国高校大会、全国中学生大会を実施したため、U20、18、16の大会は開催されなかった。日本選手権リレーは高校、大学、実業団までが一堂に会してリレー日本一を競い、男女の4×100mリレー、4×400mリレーが実施されている。

大会要項、申込み資格の最新版は日本陸連HPで確認できる。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com