HOME ニュース、国内

2021.08.28

桐生祥秀10秒18!思い出の福井で貫禄の走り「こういうところで目立たないと」/福井ナイトゲームズ
桐生祥秀10秒18!思い出の福井で貫禄の走り「こういうところで目立たないと」/福井ナイトゲームズ


◇Athlete Night Games in FUKUI2021(8月28日/福井県営)

3回目を迎えたAthlete Night Games in FUKUIの男子100m。五輪2大会代表の桐生祥秀(日本生命)が10秒18(±0.0)で貫禄勝ちをおさめた。

間近まで観客が入るナイターゲーム。大トリを飾る100mで、この競技場の愛称「9.98スタジアム」のきっかけを作った千両役者が魅せた。

「タイムはあまり出なかったですが、条件を考えればまずまずです」と桐生。スタートこそやや先行されたものの、焦ることなく加速すると、最後はしっかり差し切った。

東京五輪を終えてこれが初レースであり、今シーズンの最後のレース。「海外の選手と比べて明らかにパワーが明らかに足りない」と感じた。ここまでの3週間は「ほぼウエイトトレーニング」に時間を費やし、「まだボリュームが足りない」が、短い間でも身体つきもやや大きく見えた。「スタートも腕を使ったり、ブロックを変えたりした」ことで、「どこがどう足りないか」試したという。実際に、「中盤などで足りない」と感じている。

今回、自ら立ち上げたプロジェクト・ブランド「K-Project」の一環として、「誰もが走ったことのある」50mにチャレンジする企画「Sprint 50 Challenge」を、この思い出の地でスタートさせた。5秒87は「本気で走りました。練習と違って疲れました」と話すほど、小学生との“ガチ勝負”を楽しんだ。「現役時代だからできることで、スピード感を感じてほしかった」と狙いを話し、「この記録が一つの目安になると思うので、ここを目標にしてほしい。今後は、僕がいないところでもいいですし、いろんなスポーツの人とコラボも。敵対じゃなく、一緒に楽しんでやれれば」と、プロジェクトの一歩目に充実の表情を浮かべる。オリンピックが終わり一段落する選手もいるなか、「こういうところで目立って、桐生だなって思ってもらわないと」と、語る。

もちろん、五輪後に「強くなって戻ってきたい」と涙した桐生は、来年以降へすでに踏み出している。「まずはケガをしない身体を作って、ちゃんと勝負できるように。パリ五輪だけというより、来年、再来年にも世界選手権があるので一つずつ」と桐生。2022年、また速く、強くなった姿をファンの前に見せるだろう。

◇Athlete Night Games in FUKUI2021(8月28日/福井県営) 3回目を迎えたAthlete Night Games in FUKUIの男子100m。五輪2大会代表の桐生祥秀(日本生命)が10秒18(±0.0)で貫禄勝ちをおさめた。 間近まで観客が入るナイターゲーム。大トリを飾る100mで、この競技場の愛称「9.98スタジアム」のきっかけを作った千両役者が魅せた。 「タイムはあまり出なかったですが、条件を考えればまずまずです」と桐生。スタートこそやや先行されたものの、焦ることなく加速すると、最後はしっかり差し切った。 東京五輪を終えてこれが初レースであり、今シーズンの最後のレース。「海外の選手と比べて明らかにパワーが明らかに足りない」と感じた。ここまでの3週間は「ほぼウエイトトレーニング」に時間を費やし、「まだボリュームが足りない」が、短い間でも身体つきもやや大きく見えた。「スタートも腕を使ったり、ブロックを変えたりした」ことで、「どこがどう足りないか」試したという。実際に、「中盤などで足りない」と感じている。 今回、自ら立ち上げたプロジェクト・ブランド「K-Project」の一環として、「誰もが走ったことのある」50mにチャレンジする企画「Sprint 50 Challenge」を、この思い出の地でスタートさせた。5秒87は「本気で走りました。練習と違って疲れました」と話すほど、小学生との“ガチ勝負”を楽しんだ。「現役時代だからできることで、スピード感を感じてほしかった」と狙いを話し、「この記録が一つの目安になると思うので、ここを目標にしてほしい。今後は、僕がいないところでもいいですし、いろんなスポーツの人とコラボも。敵対じゃなく、一緒に楽しんでやれれば」と、プロジェクトの一歩目に充実の表情を浮かべる。オリンピックが終わり一段落する選手もいるなか、「こういうところで目立って、桐生だなって思ってもらわないと」と、語る。 もちろん、五輪後に「強くなって戻ってきたい」と涙した桐生は、来年以降へすでに踏み出している。「まずはケガをしない身体を作って、ちゃんと勝負できるように。パリ五輪だけというより、来年、再来年にも世界選手権があるので一つずつ」と桐生。2022年、また速く、強くなった姿をファンの前に見せるだろう。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.21

七種競技・山﨑有紀「自己ベストで優勝」大玉華鈴「6000点目指したい」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 女子七種競技の日 […]

NEWS 世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

2024.06.21

世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 男子十種競技で前 […]

NEWS 20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

2024.06.21

20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

6月20日、富士通は所属する競歩の髙橋英輝が同日付で引退することを発表した。 髙橋は岩手県花巻市出身の31歳。小学校ではサッカー、中学校ではソフトテニス部だったが、陸上の大会前になると特設された陸上部に所属し、長距離ラン […]

NEWS ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

2024.06.21

ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

7月7日に行われる第44回ゴールドコーストマラソンに先立ち、大会事務局は6月20日、21日に男女の招待選手を発表した。 日本からは男女17人の選手が招待。男子ではパリ五輪マラソンの補欠に選ばれている川内優輝(あいおいニッ […]

NEWS 棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

2024.06.21

棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

6月20日、ポーランド・ビドゴシュチでWAコンチネンタルツアー・ゴールドのイレーナ・シェビンスカ記念が開催され、男子棒高跳ではオレゴン世界選手権銀メダルのE.J.オビエナ(フィリピン)が5m97で優勝した。 6m00のア […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top