月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

桐生祥秀10秒18!思い出の福井で貫禄の走り「こういうところで目立たないと」/福井ナイトゲームズ


◇Athlete Night Games in FUKUI2021(8月28日/福井県営)

3回目を迎えたAthlete Night Games in FUKUIの男子100m。五輪2大会代表の桐生祥秀(日本生命)が10秒18(±0.0)で貫禄勝ちをおさめた。

間近まで観客が入るナイターゲーム。大トリを飾る100mで、この競技場の愛称「9.98スタジアム」のきっかけを作った千両役者が魅せた。

「タイムはあまり出なかったですが、条件を考えればまずまずです」と桐生。スタートこそやや先行されたものの、焦ることなく加速すると、最後はしっかり差し切った。

東京五輪を終えてこれが初レースであり、今シーズンの最後のレース。「海外の選手と比べて明らかにパワーが明らかに足りない」と感じた。ここまでの3週間は「ほぼウエイトトレーニング」に時間を費やし、「まだボリュームが足りない」が、短い間でも身体つきもやや大きく見えた。「スタートも腕を使ったり、ブロックを変えたりした」ことで、「どこがどう足りないか」試したという。実際に、「中盤などで足りない」と感じている。

今回、自ら立ち上げたプロジェクト・ブランド「K-Project」の一環として、「誰もが走ったことのある」50mにチャレンジする企画「Sprint 50 Challenge」を、この思い出の地でスタートさせた。5秒87は「本気で走りました。練習と違って疲れました」と話すほど、小学生との“ガチ勝負”を楽しんだ。「現役時代だからできることで、スピード感を感じてほしかった」と狙いを話し、「この記録が一つの目安になると思うので、ここを目標にしてほしい。今後は、僕がいないところでもいいですし、いろんなスポーツの人とコラボも。敵対じゃなく、一緒に楽しんでやれれば」と、プロジェクトの一歩目に充実の表情を浮かべる。オリンピックが終わり一段落する選手もいるなか、「こういうところで目立って、桐生だなって思ってもらわないと」と、語る。

もちろん、五輪後に「強くなって戻ってきたい」と涙した桐生は、来年以降へすでに踏み出している。「まずはケガをしない身体を作って、ちゃんと勝負できるように。パリ五輪だけというより、来年、再来年にも世界選手権があるので一つずつ」と桐生。2022年、また速く、強くなった姿をファンの前に見せるだろう。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com