月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

20km競歩最上位は藤井菜々子 初五輪13位「洗礼を受けた」15位岡田「競技人生の宝物」河添は40位


写真/時事

◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技8日目

陸上競技8日目アフタヌーンセッション。札幌で行われた女子20km競歩が行われた。日本からは岡田久美子(ビックカメラ)、藤井菜々子(エディオン)のドーハ世界選手権入賞組と、河添香織(自衛隊体育学校)が出場。日本人最上位は13位の藤井だった。

藤井は入賞争いグループに中盤すぎまでしっかり食らいついて歩いた。だが16kmすぎに「脚が重くなった」。以降はペースをなかなか上げられずに後退。先頭集団の後方でチャンスを待っていたが「給水で(他の選手を)よけたことで脚を使ってしまった」と、位置取りを含めてミスが続いた。

「自国開催で調整がうまくいくにもかかわらず負けてしまったのは力不足」と藤井。だが、ドーハとは違う展開のレースを経験しながら入賞争いを見せて1時間31分55秒で完歩したことは必ず次につながる。「オリンピックの洗礼を受けた」という藤井はまだ22歳。「ドーハより積極的なレースはできました。次はパリ五輪で勝負したい」と、五輪初の入賞へ歩みを止めることはない。

●岡田久美子は15位「競技人生の中で宝物になった」

写真/時事
第一人者の岡田は日本人初入賞を目指した。序盤から集団後方で落ち着いてレースを進め、10km通過は46分00秒でトップと3秒差の16位。しかし、レースが後半に入ると、集団から徐々に離されていく。

最後は前を歩いていた藤井に急接近したものの、1時間31分57秒の15位で戦いを終えた。

レース中はお世話になった方々の顔が浮かんだという岡田は、「結果だけを見ると非常に悔しいです」と素直な感想を口にした。

「リオ五輪(16位)よりも、ひと回りもふた回りも強くなって、この舞台に立つことができたんですけど、それを結果として表現することができませんでした。ただコロナ禍で制約がある中でたくさんの方々のお陰でこの舞台に立てたことを実感することができました」

岡田は日本勢の中で孤独な戦いを続けてきた。この種目で日本記録を持ち、日本選手権は6連覇(15~20年)。世界大会には1人で参戦することも少なくなかった。その中で年々実力を積み重ねていき、2019年ドーハ世界選手権では6位入賞の快挙を達成。ドーハでは8つ年下の藤井も7位に食い込んだ。

「途中第2集団まで下がったとき、藤井さんが第1集団でついていく姿を見て、非常に勇気をもらいました。私は10月で30歳になるんですけど、藤井さんにしっかりとバトンを渡すことができるんじゃないかなと思っています。すごくカッコいい姿を見ることができてうれしかったです」

大舞台を終えて、一つの区切りとするのだろうか。

「東京五輪は私の競技人生の中で宝物になったと思います」

女王・岡田が女子20km競歩で積み上げてきたキャリアは後輩たちの今後に生かされていくことだろう。

◇河添は40位でフィニッシュ
ワールドランキングで3人目の代表に滑り込んだ河添は40位。1分39秒31でフィニッシュした。「自分の現在地を痛感したレースだった」と河添。特に夏のレースは「初めて」で、自分が暑さに「強いのかどうかのかも不透明だった」。この悔しい経験を次のレースに生かしていく。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com