月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

「穂南ならきっと大丈夫」女子マラソン前田穂南へ高校時代の仲間からエール


東京五輪女子マラソン代表の前田穂南(天満屋)に向け、アシックスジャパンの「地元応援プロジェクト」【あの人から、舞台に立つ君へ。】の一つとしてサプライズ企画を実施。神戸新聞の8月6日朝刊に、大阪薫英女学院高時代の同期で双子の加賀山美里さん・恵奈さん姉妹、同じく同級生の森京香さんからの応援メッセージが掲載された。

全国高校駅伝で昨年まで15年連続15回の出場を誇り、優勝は2回と全国屈指の強豪校である薫英女学院高。その中にあって、中学時代も全国経験はない前田は都大路で3年間補欠登録だった。1学年上に松田瑞生(ダイハツ)、後輩には高松望ムセンビら全国トップランナーが集結。高3の都大路では同校悲願の初優勝を飾ったが、加賀山姉妹がメンバー入りするなか、前田は補欠としてサポートに回っている。

それでも「東京五輪のマラソンに出るために早くマラソン練習が積みたい」と安田功先生に相談し、大学ではなく実業団へ。加賀山姉妹は立命大へ、森さん積水化学で競技を続けた。切磋琢磨し、前田の陰の努力を見てきた同級生は、前田よりも少し先にトラックを去った。

「高校時代、頑張る穂南を横で見たからどれほどの積み重ねがあったのかすぐに想像できます」(加賀山恵奈さん)
「当時からストイックすぎるぐらいに努力してたよね。こういう人がオリンピック選手になるんだなっていま思います」(加賀山実里さん)
「真面目でみんなに優しく色んな人から愛される選手だなって思っています」(森京香さん)

自分の可能性を信じ、光がまだ当たらなくても努力を重ねてきた前田。その姿を見てきた仲間だからこそ「穂南ならきっと大丈夫」(加賀山実里さん)だと信じている。

女子マラソンのメダル・入賞は2004年を最後に遠ざかる。あのマラソングランドチャンピオンシップを制した暑さに強い前田が、仲間のエールを背に女子マラソン復権に挑む。

●加賀山恵奈さんのメッセージ全文
一緒に練習していた高校時代が懐かしいね。
「あー、穂南はすごい世界に行っちゃったんやな…。」
とはじめて思ったのは、卒業後の2018年。
同じマラソン大会に出場した時です。
ハーフで出場していた私たちよりもずっと速いタイムで
折り返した穂南。隣で走っていたけれど、
とても速く感じたのを覚えてるよ。
高校時代頑張る穂南を横で見てきたから
どれほどの積み重ねがあったのか、すぐに想像できます。
そして、それは今日まで続いているんだよね、きっと。
自信を持って、思いっきり走ってきてね。

ゴールまで穂南らしい走りを!

加賀山恵奈



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com