月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

走幅跳の橋岡、3000m障害の三浦、5000m廣中が歴史的快挙に挑戦/今日の五輪見どころ DAY4


写真/時事

午前9時35分からの女子1500m予選では、日本記録(4分04秒08)保持者の田中希実(豊田自動織機TC)と卜部蘭(積水化学)がこの種目日本勢として初出場する。レース展開にもよるものの、実力を発揮して準決勝に進んでほしい。

そして、午前10時20分から行われる男子走幅跳には、日本勢37年ぶりに決勝に進んだ橋岡優輝(富士通)に目が離せない。予選では1回目に8m17(+0.4)をマーク。予選通過記録(8m15)を通過した3人のうちの1人だった。

6月の日本選手権でマークした自己ベスト8m36(日本歴代2位)は、自己ベストで比較すると決勝進出者12人中7番目。シーズンベストでは5番目で、入賞する可能性は十分にある。

優勝候補は19年ドーハ世界選手権王者で、自己ベストが8m69(屋外世界歴代10位)のT.ゲイル(ジャマイカ)、8m68のJ.M.エチェバリア(キューバ)、今季8m60をマークしたM.テントグルー(ギリシャ)の3人。いずれも初の金メダル獲得を目指して、三つ巴の争いは激しくなりそう。

ただ、近年の世界大会では銅メダルが8m30台で決まっており、その展開になれば、橋岡にも期待が大きく高まる。まずは8m40の日本記録更新がターゲットとなるだろう。ただ、その潜在能力からすれば大幅日本新が飛び出すかもしれない。

ちなみに、過去にこの種目でのメダル獲得は32年ロサンゼルス大会の南部忠平と36年ベルリン大会の田島直人の銅メダルまで遡る。入賞は32年大会で6位だった田島と、1984年ロサンゼルス大会で7位に入った臼井淳一の2人だ。

写真/時事

夜のセッションには日本選手2人が決勝に登場する。

まずは21時15分から行われる男子3000m障害。自身の持つ日本記録を6秒07更新する8分09秒92で予選通過した三浦龍司(順大)が日本勢49年ぶりの決勝に挑む。海外勢は強力だが、展開次第でこの種目日本勢初入賞もあり得る。

金メダル争いは19年ドーハ世界選手権銅メダリストのS.エル・バッカリ(モロッコ)が中心となりそうで、そこにエチオピアやケニア勢が激しく競り合うだろう。勝負重視で、細かなペース変化による揺さぶりが予想される。

予選から中2日のレースで三浦が再び日本記録を更新できれば快挙に近づく。終盤まで粘って粘って、先頭集団に食らいつきたいところだ。

日本勢のもう1人は21時40分からの女子5000mに出場する廣中璃梨佳(日本郵政グループ)だ。予選で自己ベストを3秒50更新する14分55秒87をマーク。あと2秒65と迫った14分53秒22の日本記録(2005年/福士加代子)の更新がなるか。海外勢がハイレベルなレースを繰り広げる中で、どんな走りを見せるか。

優勝争いは14分10秒台の記録を持つG.ツェガイ、E.タエ、S.テフェリのエチオピア勢に17年ロンドン、19年ドーハの両世界選手権を2連覇したH.オビリらケニア勢となるだろう。廣中が入賞すれば、初採用された1996年アトランタ大会で4位に入った志水見千子以来となる。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com