月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

走高跳49年ぶり決勝の戸邉直人 初五輪は13位に改めて「五輪の金が取りたい」


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技3日目

陸上競技3日目のイブニングセッション、男子走高跳で日本人49年ぶりに決勝に進んだ戸邉直人(JAL)。最初の高さの2m19を2回目、2m24を1回出クリアしたものの、2m27を3回失敗し、決勝進出者13名中13位で初の五輪は幕を閉じた。

第一人者として牽引してきた日本記録保持者の戸邉。だが、リオ五輪を逃していただけに「ここまで長かった。つらいことのほうが多かったけど、やっとここまできた」。

予選後は「アキレス腱が痛かったですが、今日は問題なかった」。だが、「公式練習から、なぜか跳ねなかった」。技術はよかったが、「踏み切りにうまく入れなかった」と試技を振り返る。

友人でもあるバルシム(カタール)が金メダルを獲得。それを見届けた戸邉は「やっぱり五輪の金メダルを取りたいと改めて思った」と一言。「この試合で引退するわけじゃない。本当に悔しいですが、悔しいで終わったら何も残らないので」。29歳のジャンパーは、再び世界へジャンプする準備にとりかかる。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com