月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

東京五輪見逃し厳禁種目(4)女子10000m世界記録樹立者ギデイ&ハッサンの争い!男子はチェプテゲイに注目


女子10000m注目のS.ハッサン(オランダ)とL.ギデイ(エチオピア)

世界のトップアスリートたちが「TOKYO」に集結! もちろん、すべての種目が楽しみだが、なかでも特に必見と言えるハイレベル決戦が予想される種目や、見逃し厳禁の選手たちをピックアップする。

女子10000m
ギデイとハッサンの一騎打ち

今季、相次いで世界記録を更新した2人が激突する。6月6日にS.ハッサン(オランダ)が29分06秒82の世界新を樹立すると、わずかその2日後、L.ギデイ(エチオピア)が29分01秒03をマーク。女子初の28分台も視野に入る驚異的なタイムだった。

2人は19年ドーハ世界選手権でも直接対決し、その時はハッサンが30分17秒62で優勝してギデイが2位。終盤まで一騎打ちとなり、ラスト1000mを2分39秒で走ったハッサンが制した。キレ味鋭いハッサンに対し、ギデイは早めに仕掛けたいところ。気温などコンディションからタイムよりも勝負になるだろうが、A.アヤナ(エチオピア)が前回大会で出した元世界記録の29分17秒45を破る可能性は大いにある。

日本からは新谷仁美(積水化学)、廣中璃梨佳(日本郵政グループ)、安藤友香(ワコール)の3人が出場。新谷は昨年の日本選手権で独走のなか30分20秒44の日本新で優勝。2012年ロンドン以来のオリンピックでどんな走りを見せるか。アフリカ勢などが牽制し合う展開のなか、ハイペースで押していければ入賞のチャンスはある。

男子10000mは17年まで無敵を誇ったM.ファラー(英国)がマラソン転向ののちトラックに復帰するも、参加標準記録を突破できずに東京五輪に出場しない。

その間、代わって世界の頂点に君臨したのがJ.チェプテゲイ(ウガンダ)だ。19年のドーハ世界選手権で10000mを制し、昨年は10000mで26分11秒00、5000mは12分35秒36と世界記録を樹立した。

チェプテゲイに対抗するのは同胞のJ.キプリモや、S.バレガとY.ケジェルチャのエチオピア勢あたり。

この種目でケニア勢の優勝は意外にも1968年メキシコ五輪のN.テムだけ。チェプテゲイが“長距離王国”に2度目の栄冠をもたらすことができるか。

日本からは相澤晃(旭化成)と伊藤達彦(Honda)の同学年コンビが出場。学生時代からしのぎを削ってきた2人が国立競技場で世界をアッと驚かせる走りを見せる。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com