月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

東京五輪見逃し厳禁種目(3)男子砲丸投・連覇狙う世界記録保持者クルーザーにコヴァクス、ウォルシュらが挑む


男子砲丸投げ注目のR.クルーザー(米国)

世界のトップアスリートたちが「TOKYO」に集結! もちろん、すべての種目が楽しみだが、なかでも特に必見と言えるハイレベル決戦が予想される種目や、見逃し厳禁の選手たちをピックアップする。

男子砲丸投
31年ぶり世界新のクルーザーが連覇か

史上最高レベルの争いを見せているこの種目。2019年ドーハ世界選手権ではJ.コヴァクス(米国)が22m91、R.クルーザー(米国)とT.ウォルシュ(ニュージーランド)が22m90で続くという劇的な展開を見せた。

そんな中で、ここ2年で抜け出してきたのがリオ五輪覇者のクルーザーだ。昨年から22mオーバーを連発し、今年5月に23m01を投げると、翌月の全米五輪選考会では23m37のビッグプット。31年ぶりに世界記録を塗り替えた。

父も砲丸投で20m以上、円盤投で67m以上を投げている元アスリートで、2人のおじも元投てき選手という“投てき一家”。この種目史上3人目の五輪連覇へ死角はないか。

リオ五輪銀メダル、ドーハ世界選手権金メダルのコヴァクスは全米五輪選考会で22m34の2位。今季は5月に投げた22m72がシーズンベストだ。ロンドン世界選手権優勝のウォルシュは22m00が今季最高。代わって上位争いに入りそうなのはポーランドのM.ハラティクやF.ミハリェヴィッチ(クロアチア)、復調傾向にあるJ.ギル(ニュージーランド)あたりか。

怪力ぶりはもとより、小さなサークルの中で凝縮される技術により、7kgを超える砲丸を20m以上も投げ合う、投てきの魅力がつまった砲丸投。史上最高レベルの争いの中で、クルーザーの歴史的一投が見られそうだ。

女子の投てきではハンマー投に注目。全米五輪選考会で史上2人目の80mスロワー(80m31)となったD.プライスが優勝候補筆頭だ。さらに後輩のB.アンダーセンも78m18を投げるなど好調。米国勢が勢いに乗っている。

35歳になった世界記録保持者のA.ヴォダルチク(ポーランド)は19年に膝を手術。
6月に今季リスト3位となる77m93とようやく調子を上げてきた。五輪は12、16年と連覇、世界選手権は09、13、15、17年と4度頂点に立っている女王。五輪の舞台で完全復活なるか。

●男子砲丸投
予 選A組8月3日19:15~
予 選B組8月3日20:40~
決 勝8月5日11:05~
●女子ハンマー投
予 選A組8月1日9:10~
予 選B組8月1日10:40~
決 勝8月3日20:35~



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com