HOME 東京五輪、海外、五輪
東京五輪見逃し厳禁種目(5)最速の称号を手にするのは!?男女100m注目はブロメル&フレイザー・プライス
東京五輪見逃し厳禁種目(5)最速の称号を手にするのは!?男女100m注目はブロメル&フレイザー・プライス


男子100m注目のT.ブロメル

世界のトップアスリートたちが「TOKYO」に集結! もちろん、すべての種目が楽しみだが、なかでも特に必見と言えるハイレベル決戦が予想される種目や、見逃し厳禁の選手たちをピックアップする。

男子100m
復活遂げたブロメルが初五輪制覇へ

過去3大会の五輪では、あのウサイン・ボルト(ジャマイカ)が100mと200mを3連覇。この東京五輪で“ポスト・ボルト”が決まる。

その最有力は米国のT.ブロメルだろう。2014年に今も残るU20世界記録の9秒97をマーク。翌年には10代最速となる9秒84を出すなど、早くから将来を期待されたスプリンターの一人だった。

だが、2016年はリオ五輪100mの決勝に進出するもアキレス腱を痛めて8位。車いすで競技場を去った。その後は2度の手術。アスリート生命も脅かされるほどだった。

だが、長い時を経て復活。昨年は9秒90をマークすると、今季は絶好調。4月に9秒88、さらに6月5日には世界歴代7位となる9秒77(+1.5)と進化を遂げた。全米五輪選考会でも9秒80(+0.8)で快勝し、見事にオリンピックに舞い戻ってきた。

19年世界選手権で100mを制した同胞のC.コールマンはドーピング検査違反のため出場停止が下されて不在で、J.ガトリンは全米五輪選考会で脚を痛めて8位。米国からはブロメルとともに、9秒8台を持つR.ベイカー、F.カーリーが乗り込んでくる。2004年アテネ五輪のガトリン以来となる陸上大国に最速をもたらす準備は整った。

他国では15、16、19年と世界大会で銅メダルを獲得しているA.デグラス(カナダ)や7月に9秒84をマークしたA.シンビネ(南アフリカ)が注目。少し元気がないジャマイカはY.ブレークが最上位、中国の蘇炳添も調子を上げている。五輪出場者リストでは6位タイにいるのが山縣亮太(セイコー)。日本人2人目のファイナルなるか。

200mも米国のN.ライルズが優勝候補筆頭。さらにボルトのU20世界記録を塗り替える19秒84を出した17歳のE.ナイトンとこちらも陸上大国らしいタレントがそろう。


女子100m注目のフレイザー・プライス

女子100m
3度目V狙うフレイザー・プライス

ジャマイカのレジェンド、34歳になったS.A.フレイザー・プライスが五輪に合わせるように調子を上げてきた。6月に9年ぶりの自己新となる世界歴代2位の10秒63をマーク。五輪では08、12年に連覇し、世界選手権も09、13、15、19年と4度頂点に立っている。母となったフレイザー・プライスが東京五輪で“ママでも金”を狙う。

対抗はドーハ世界選手権銀メダルのD.アッシャー・スミス(英国)や、ジャマイカのE.トンプソン、M.J.タルー(コートジボワール)らの名が挙がる。ナイジェリアのB.オガグバレも注目の一人。なお、今季10秒72など10秒7台を連発していたS.リチャードソン(米国)は、全米五輪選考会後のドーピング検査で禁止薬物のマリファナの陽性反応が出たため選考会の結果が取り消されて五輪代表になれなかった。

●男子100m
予 選7月31日19:45~
準決勝8月1日19:15~
決 勝8月1日21:50~
※7月31日に予備予選
●女子100m
予 選7月30日11:40~
準決勝7月31日19:15~
決 勝7月31日21:50~

男子100m注目のT.ブロメル 世界のトップアスリートたちが「TOKYO」に集結! もちろん、すべての種目が楽しみだが、なかでも特に必見と言えるハイレベル決戦が予想される種目や、見逃し厳禁の選手たちをピックアップする。

男子100m 復活遂げたブロメルが初五輪制覇へ

過去3大会の五輪では、あのウサイン・ボルト(ジャマイカ)が100mと200mを3連覇。この東京五輪で“ポスト・ボルト”が決まる。 その最有力は米国のT.ブロメルだろう。2014年に今も残るU20世界記録の9秒97をマーク。翌年には10代最速となる9秒84を出すなど、早くから将来を期待されたスプリンターの一人だった。 だが、2016年はリオ五輪100mの決勝に進出するもアキレス腱を痛めて8位。車いすで競技場を去った。その後は2度の手術。アスリート生命も脅かされるほどだった。 だが、長い時を経て復活。昨年は9秒90をマークすると、今季は絶好調。4月に9秒88、さらに6月5日には世界歴代7位となる9秒77(+1.5)と進化を遂げた。全米五輪選考会でも9秒80(+0.8)で快勝し、見事にオリンピックに舞い戻ってきた。 19年世界選手権で100mを制した同胞のC.コールマンはドーピング検査違反のため出場停止が下されて不在で、J.ガトリンは全米五輪選考会で脚を痛めて8位。米国からはブロメルとともに、9秒8台を持つR.ベイカー、F.カーリーが乗り込んでくる。2004年アテネ五輪のガトリン以来となる陸上大国に最速をもたらす準備は整った。 他国では15、16、19年と世界大会で銅メダルを獲得しているA.デグラス(カナダ)や7月に9秒84をマークしたA.シンビネ(南アフリカ)が注目。少し元気がないジャマイカはY.ブレークが最上位、中国の蘇炳添も調子を上げている。五輪出場者リストでは6位タイにいるのが山縣亮太(セイコー)。日本人2人目のファイナルなるか。 200mも米国のN.ライルズが優勝候補筆頭。さらにボルトのU20世界記録を塗り替える19秒84を出した17歳のE.ナイトンとこちらも陸上大国らしいタレントがそろう。 女子100m注目のフレイザー・プライス

女子100m 3度目V狙うフレイザー・プライス

ジャマイカのレジェンド、34歳になったS.A.フレイザー・プライスが五輪に合わせるように調子を上げてきた。6月に9年ぶりの自己新となる世界歴代2位の10秒63をマーク。五輪では08、12年に連覇し、世界選手権も09、13、15、19年と4度頂点に立っている。母となったフレイザー・プライスが東京五輪で“ママでも金”を狙う。 対抗はドーハ世界選手権銀メダルのD.アッシャー・スミス(英国)や、ジャマイカのE.トンプソン、M.J.タルー(コートジボワール)らの名が挙がる。ナイジェリアのB.オガグバレも注目の一人。なお、今季10秒72など10秒7台を連発していたS.リチャードソン(米国)は、全米五輪選考会後のドーピング検査で禁止薬物のマリファナの陽性反応が出たため選考会の結果が取り消されて五輪代表になれなかった。 ●男子100m 予 選7月31日19:45~ 準決勝8月1日19:15~ 決 勝8月1日21:50~ ※7月31日に予備予選 ●女子100m 予 選7月30日11:40~ 準決勝7月31日19:15~ 決 勝7月31日21:50~

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.15

女子800m衝撃の日本新1分59秒93!久保凛が激走振り返る「タイマーを見たら2分を切れそうだったので、最後は気持ちで走った」

日本の歴史と文化の発祥の地でもある橿原で歴史が動いた。日本女子中距離界の新時代突入を告げる衝撃のレースだった。 7月15日に行われた関西学連第1回長距離強化記録会の女子800mで、久保凛(東大阪大敬愛高2大阪)が快走。同 […]

NEWS 女子400mH・ボルが50秒95!史上2人目の50秒台突入、パリ五輪でのマクローリン・レヴロンとの対決に弾み

2024.07.15

女子400mH・ボルが50秒95!史上2人目の50秒台突入、パリ五輪でのマクローリン・レヴロンとの対決に弾み

7月14日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・チャレンジャー大会のレシスプリント国際がラ・ショー・ド・フォン(スイス)で開催され、女子400mハードルではオレゴン世界選手権金メダルのF.ボル(オランダ)が50秒95の […]

NEWS サニブラウンが10秒20!イタリアでチームメイトのジェイコブス、デグラス、謝震業とパリ五輪前調整レースに出場

2024.07.15

サニブラウンが10秒20!イタリアでチームメイトのジェイコブス、デグラス、謝震業とパリ五輪前調整レースに出場

7月14日、イタリア・リエティで行われた競技会の男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場し、10秒20(+0.9)で4位だった。 同レースには練習拠点とするタンブルウィードTCのチームメイトとともに参 […]

NEWS 清水空跳が衝撃の10秒26!石川県国スポ予選で高1初の10秒2台、高校歴代9位、U18今季世界リスト2位

2024.07.15

清水空跳が衝撃の10秒26!石川県国スポ予選で高1初の10秒2台、高校歴代9位、U18今季世界リスト2位

7月15日に行われた石川県国三スポーツ大会予選会の男子少年B100mで、清水空跳(星稜高1)が10秒26(+1.9)で優勝した。高校1年生としては初の10秒2台に突入する快記録で、高校歴代でも9位にランクインした。 予選 […]

NEWS 久保凛1分59秒93の日本新!!女子800mで日本人初の1分台に突入!

2024.07.15

久保凛1分59秒93の日本新!!女子800mで日本人初の1分台に突入!

7月15日に行われた長距離強化記録会の女子800mで、久保凛(東大阪大敬愛2大阪)が快挙を達成。同種目日本人女子初の2分切りとなる1分59秒93をマークした。 従来の日本記録は杉森美保が2005年の日本選手権で作った2分 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top