HOME ニュース、国内

2019.08.09

福井にスーパースターが集結! Athlete Night Games in FUKUIがアツイ!
福井にスーパースターが集結! Athlete Night Games in FUKUIがアツイ!

福井にスーパースターが集結!
Athlete Night Games in FUKUIがアツイ!

 

今、陸上界では8月17日、福井で開催される「Athlete Night Games in FUKUI」に大きな注目が集まっている。

福井陸協が中心となってクラウドファンディングで運営資金を募って日本のトップ選手たちを招待する、と立ち上がった今大会。ナイター競技会で、海外のように観客を近くまで入れ、音楽を鳴らして盛り上げるという。

想像しただけでも興味をそそられるが、すでに発表されている出場選手たちがとんでもなく〝豪華〟だ。

「FUKUI 9.98 CUP/ナショナルレコードチャレンジ」と題し、男女100m、男子200m、男子110mハードル、女子100mハードル、男子800m、男子走幅跳で招待選手が多く出場する。

男子100mには、ここ福井で開催された2017年の日本インカレで、「9秒98」と日本人で初めて9秒台に突入した桐生祥秀(東洋大/現・日本生命)が参戦。思い出の地で、再び日本記録を奪い返すかもしれない。

男子100mには同会場で2年前に開催された日本インカレで日本人史上初の9秒台となる9秒98(+1.8)をマークした桐生祥秀(日本生命、右から2人目)が出場する

 

男子110mハードルでは、日本記録保持者の高山峻野(ゼンリン)、歴代2位タイの金井大旺(ミズノ)、泉谷駿介(順大)とまさにそろい踏み。他にも成長株の石川周平(富士通)、リオ五輪代表の矢澤航(デサントTC)らも出場予定で、日本記録更新が大いに期待できそうだ。

7月27日に開催された実業団・学生対抗の男子110mHで13秒30(+1.9)の日本新記録をマークした高山峻野(ゼンリン)

また、女子100mハードルでも、紫村仁美(東邦銀行)、青木益未(七十七銀行)といった日本代表経験者や、今季好調の福部真子(日本建設工業)、なんといっても完全復活を遂げた寺田明日香(パソナグループ)らが出場で、こちらも日本記録、日本人初の12秒台が見られるかもしれない。

6月末の日本選手権は3位に終わったものの、7月の実業団・学生対抗では13秒07(+1.7)と尻上がりに調子を上げている寺田明日香(パソナグループ、右端)

男子走幅跳は、橋岡優輝(日大)、津波響樹(東洋大)といった学生勢と、城山正太郎(ゼンリン)、山川夏輝(東武トップツアーズ)らシニア勢が日本選手権ばりに激突する。

雨中の戦いとなった日本選手権で3連覇を達成した橋岡優輝(日大)

また、日本選手権優勝、そしてインターハイ連覇を果たしている女子100mの御家瀬緑(恵庭北高)、男子800mのクレイ・アーロン竜波(相洋高)というスーパー高校生2人も出場予定。

入場券はメインスタンドが一般1000円、中高生500円、芝スタンドが一般500円、高校生以下は無料。前売り券は8月10日、11、16日の8時30分から17時まで9.98スタジアム内で販売。当日券は朝10時からチケットブースで販売される。メインスタンドは人数制限を設ける場合があるので、早めにチェック!

8月17日、9.98スタジアム(福井県営陸上競技場)で再び歴史の扉が開く!

福井陸協HP

(文/向永拓史)

福井にスーパースターが集結! Athlete Night Games in FUKUIがアツイ!

  今、陸上界では8月17日、福井で開催される「Athlete Night Games in FUKUI」に大きな注目が集まっている。 福井陸協が中心となってクラウドファンディングで運営資金を募って日本のトップ選手たちを招待する、と立ち上がった今大会。ナイター競技会で、海外のように観客を近くまで入れ、音楽を鳴らして盛り上げるという。 想像しただけでも興味をそそられるが、すでに発表されている出場選手たちがとんでもなく〝豪華〟だ。 「FUKUI 9.98 CUP/ナショナルレコードチャレンジ」と題し、男女100m、男子200m、男子110mハードル、女子100mハードル、男子800m、男子走幅跳で招待選手が多く出場する。 男子100mには、ここ福井で開催された2017年の日本インカレで、「9秒98」と日本人で初めて9秒台に突入した桐生祥秀(東洋大/現・日本生命)が参戦。思い出の地で、再び日本記録を奪い返すかもしれない。 [caption id="attachment_4006" align="aligncenter" width="400"] 男子100mには同会場で2年前に開催された日本インカレで日本人史上初の9秒台となる9秒98(+1.8)をマークした桐生祥秀(日本生命、右から2人目)が出場する[/caption]   男子110mハードルでは、日本記録保持者の高山峻野(ゼンリン)、歴代2位タイの金井大旺(ミズノ)、泉谷駿介(順大)とまさにそろい踏み。他にも成長株の石川周平(富士通)、リオ五輪代表の矢澤航(デサントTC)らも出場予定で、日本記録更新が大いに期待できそうだ。 [caption id="attachment_4007" align="aligncenter" width="400"] 7月27日に開催された実業団・学生対抗の男子110mHで13秒30(+1.9)の日本新記録をマークした高山峻野(ゼンリン)[/caption] また、女子100mハードルでも、紫村仁美(東邦銀行)、青木益未(七十七銀行)といった日本代表経験者や、今季好調の福部真子(日本建設工業)、なんといっても完全復活を遂げた寺田明日香(パソナグループ)らが出場で、こちらも日本記録、日本人初の12秒台が見られるかもしれない。 [caption id="attachment_4008" align="aligncenter" width="400"] 6月末の日本選手権は3位に終わったものの、7月の実業団・学生対抗では13秒07(+1.7)と尻上がりに調子を上げている寺田明日香(パソナグループ、右端)[/caption] 男子走幅跳は、橋岡優輝(日大)、津波響樹(東洋大)といった学生勢と、城山正太郎(ゼンリン)、山川夏輝(東武トップツアーズ)らシニア勢が日本選手権ばりに激突する。 [caption id="attachment_4009" align="aligncenter" width="267"] 雨中の戦いとなった日本選手権で3連覇を達成した橋岡優輝(日大)[/caption] また、日本選手権優勝、そしてインターハイ連覇を果たしている女子100mの御家瀬緑(恵庭北高)、男子800mのクレイ・アーロン竜波(相洋高)というスーパー高校生2人も出場予定。 入場券はメインスタンドが一般1000円、中高生500円、芝スタンドが一般500円、高校生以下は無料。前売り券は8月10日、11、16日の8時30分から17時まで9.98スタジアム内で販売。当日券は朝10時からチケットブースで販売される。メインスタンドは人数制限を設ける場合があるので、早めにチェック! 8月17日、9.98スタジアム(福井県営陸上競技場)で再び歴史の扉が開く! 福井陸協HP (文/向永拓史)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

2024年インターハイ地区大会情報

各地区で行われるインターハイ地区大会。全11地区分の大会関連ページ、結果ページです! インターハイ出場への道 ・各地区大会上位6位までがインターハイ出場 ※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで […]

NEWS アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top