HOME バックナンバー
【誌面転載】沖縄インターハイ 藤原 衝撃の8m12!!
【誌面転載】沖縄インターハイ 藤原 衝撃の8m12!!

沖縄インターハイ 藤原 衝撃の8m12!!

高校生史上初の大台到達

大会2日目の男子走幅跳に、30年ぶりの高校新となる8m12 (+1.7)を跳んで頂点に立った藤原孝輝(洛南2京都)

〝世界水準〟の大ジャンプ

男子の中で最も古い高校記録が、ついに塗り替えられた。その瞬間が訪れたのは、大会2日目の男子走幅跳。男子1500m決勝の先頭がまさにフィニッシュしているのと、ほぼ同じタイミングだった。

4回目に7m82(+1.8)の大会新をマークしていた藤原孝輝(洛南2京都)の最終跳躍。スピードに乗った助走から踏み切り板にピタリと乗ると、188cmの身体がふわりと大きく宙に浮いた。目視で8mを超えていたため、審判がメジャーで慎重に計測。観衆が固唾をのんで記録を待ちわびる間の期待感は、8m12(+1.7)の表示で一気に歓声と化して爆発した。藤原も身体全体を使って喜びを表現し、何度も両拳を突き上げる。すぐにテントに駆け寄り、「ライバルなのに声援を送ってくれていた」という、ともに戦った仲間たちに感謝を伝えた。

これまで、幾多の名ジャンパーたちが挑戦し、そのたびに跳ね返されてきた〝高校生8m超え〟の称号。ついに高校生として史上初めて8mの大台に到達した藤原は、8m25の日本記録保持者でもある森長正樹(太成高・大阪、現・日大コーチ)が1989年に樹立した7m96の高校記録およびU18日本記録を30年ぶりに16cm更新。それだけにとどまらず、1991年に下仁(千葉陸協)がマークしたU20日本記録(8m10)も塗り替えた。さらに、日本歴代7位タイ、今季のU20世界最高という、まさに大記録。現役選手ではアジア選手権金メダルの橋岡優輝(日大)に次ぐものだ。

「うれしさと驚きで、他のことは考えられません」と藤原。「滞空時間はこれまでにない感覚でしたが、8m跳んだかどうかはわかりませんでした」とビッグジャンプを振り返る。8m超えは1つの目標だったというが、総合優勝を狙うチームにあって「記録よりもインターハイは勝つ」と臨んでいた。あまりにも突然の出来事に、自分のこととして受け入れるのに時間がかかったようだった。

※この続きは2019年8月10日発売の『月刊陸上競技』9月号をご覧ください
 記事に一部に誤りがあったため、修正いたしました(8月14日)

沖縄インターハイ 藤原 衝撃の8m12!!

高校生史上初の大台到達

[caption id="attachment_4024" align="aligncenter" width="400"] 大会2日目の男子走幅跳に、30年ぶりの高校新となる8m12 (+1.7)を跳んで頂点に立った藤原孝輝(洛南2京都)[/caption]

〝世界水準〟の大ジャンプ

男子の中で最も古い高校記録が、ついに塗り替えられた。その瞬間が訪れたのは、大会2日目の男子走幅跳。男子1500m決勝の先頭がまさにフィニッシュしているのと、ほぼ同じタイミングだった。 4回目に7m82(+1.8)の大会新をマークしていた藤原孝輝(洛南2京都)の最終跳躍。スピードに乗った助走から踏み切り板にピタリと乗ると、188cmの身体がふわりと大きく宙に浮いた。目視で8mを超えていたため、審判がメジャーで慎重に計測。観衆が固唾をのんで記録を待ちわびる間の期待感は、8m12(+1.7)の表示で一気に歓声と化して爆発した。藤原も身体全体を使って喜びを表現し、何度も両拳を突き上げる。すぐにテントに駆け寄り、「ライバルなのに声援を送ってくれていた」という、ともに戦った仲間たちに感謝を伝えた。 これまで、幾多の名ジャンパーたちが挑戦し、そのたびに跳ね返されてきた〝高校生8m超え〟の称号。ついに高校生として史上初めて8mの大台に到達した藤原は、8m25の日本記録保持者でもある森長正樹(太成高・大阪、現・日大コーチ)が1989年に樹立した7m96の高校記録およびU18日本記録を30年ぶりに16cm更新。それだけにとどまらず、1991年に下仁(千葉陸協)がマークしたU20日本記録(8m10)も塗り替えた。さらに、日本歴代7位タイ、今季のU20世界最高という、まさに大記録。現役選手ではアジア選手権金メダルの橋岡優輝(日大)に次ぐものだ。 「うれしさと驚きで、他のことは考えられません」と藤原。「滞空時間はこれまでにない感覚でしたが、8m跳んだかどうかはわかりませんでした」とビッグジャンプを振り返る。8m超えは1つの目標だったというが、総合優勝を狙うチームにあって「記録よりもインターハイは勝つ」と臨んでいた。あまりにも突然の出来事に、自分のこととして受け入れるのに時間がかかったようだった。 ※この続きは2019年8月10日発売の『月刊陸上競技』9月号をご覧ください  記事に一部に誤りがあったため、修正いたしました(8月14日)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

2024年インターハイ地区大会情報

各地区で行われるインターハイ地区大会。全11地区分の大会関連ページ、結果ページです! インターハイ出場への道 ・各地区大会上位6位までがインターハイ出場 ※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで […]

NEWS アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top