月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子砲丸投の大器覚醒、武田歴次が18m64!! 回転投法2年目で日本歴代3位タイ/日本選手権


◇日本選手権(6月24日〜27日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

東京五輪代表選考会となる第105回日本選手権の4日目。男子砲丸投は最終6投目で、武田歴次(栃木スポ協)が劇的な大逆転劇を演じた。

3投目までは17m04にとどまり、6位でトップエイト入り。4投目に17m58をマークして4位に浮上したものの、2投目(18m02)と5投目(18m04)にただ1人18m台に乗せた佐藤征平(新潟アルビレックスRC)との差はまだ50㎝近くあった。

残るは1投。武田は「このままの投げじゃ絶対に優勝できない。もっとスピードを出して、ファウルしてもいいから思い切り投げよう」とサークルに入った。2019年シーズン後に始めた回転投法から突き出された鉄球は、これまでとは比べ物にならないほどの放物線を描き、日本記録(18m84)を示すライン近くにドスンと落ちた。

記録は18m64。4投目の記録から1m以上も伸ばし、グライド投法だった2019年に出した自己記録(17m78)も大幅に更新。日本歴代3位タイの快投に、武田は雄叫びを上げ、力強く両こぶしを握り締めた。その後、武田の記録を上回る選手は現れず、2年ぶりの優勝を果たした。

「この記録はうれしいし、自分の力をしっかりと発揮できて良かった」

野球の捕手をやりながら陸上にも取り組んだ徳島・美馬中時代、3年時の国体で5㎏規格では中学初となる17mオーバー(17m31)を果たした。その当時ですでに180㎝を大きく超える大柄な体格から、「大器」と称され、注目を集めた。

生光学園高、日大と投てきの名門でさらに力をつけ、大学3、4年時には日本インカレを連覇。2017年に大学を卒業後、四国大大学院に進んだが、再び拠点を日大に。桜門陸友会所属だった19年、大雨の中で行われた日本選手権を制して日本の頂点に立った。

そして、さらなる進化を求めて、19年の冬から回転投法に挑戦。「始めた当初はうまくいかずに、回転投法にして本当に良かったのかなと自信がなかった」そうだが、「いつもサポートしてくださる指導者の方々が根気強く教えてくださった」ことで、次第に技術の精度を高めていった。

「せっかく回転投法に変えたんだから、指導者の方々のためにも、自分自身のためにも成功したいという気持ちでやってきました」

磨いてきた技術、それを発揮したいという強い思いが乗った一投は、「大器覚醒」と呼ぶにふさわしい快投だった。

自身初めて18mの壁を越えたのだが、もう日本記録、さらには日本人初の「19m」が見えてきた。しかし、武田は冷静に今の実力を見極める。

「今回の記録にとらわれずに、まずは18m前半から18m50ぐらいを安定させること。安定した技術、投てきができるように取り組みたい。それによって今日みたいな投げができれば、日本人初の19mというのが見えてくると思う」

日大の先輩で、男子砲丸投の第一人者だった畑瀬聡(現・同大コーチ)が昨年秋に現役を引退した。その背中を見続けてきた26歳の後輩が、先輩が目指しながらも果たせなかった夢の記録を、現実のものに変えるつもりだ。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com