月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

400mH法大2年の黒川和樹が初Vで五輪切符!「胃が痛かった」が前半から爆走見せる2位・安部も初五輪内定/日本選手権


◇日本選手権(6月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

東京五輪代表選考会となる第105回日本選手権の3日目。男子400mハードル決勝が行われ、黒川和樹(法大)が初優勝。東京五輪の参加標準記録を突破していたため初のオリンピック代表に内定した。

「ずっと(緊張で)胃が痛かった」と黒川。アップ中も「4番だったらどうしようというプレッシャーやストレスがあった」と、参加標準記録が4人いる中でのレースに緊張感で「メンタル的にきていた」と言う。それでも「スタートラインに立ったら自分のレースをして、絶対に(代表に)入ってやろうと思った」と、気持ちを切り替えた。

持ち味の前半でグングンと加速。「あんまり覚えていない」と言いつつ、途中、安部孝駿(ヤマダホールディングス)と並んだが焦らずに対応すると、「10台目を越えて競り合ったときはここで負けてたまるか」と懸命に腕を振って制した。

高校時代に世界を初めて意識しながら「まさか東京オリンピックに出られるとは想像もしていなかった」黒川。110mハードルでも13秒台を持ち、適性を買われて400mハードルに転向してから、あっという間に駆け上がったオリンピックへの道。「最近までずっと110mしか走らなくていいからトッパー(110mH)をやりたいと思っていたけど、これでやっと楽しくなってきました」と笑う。「初世界がオリンピックなのは実感が湧きませんが、自己ベストが出せればいい経験になります」と初々しく目標を掲げた。

2位の安部も代表に内定。「しっかりと冷静に自分の走りに徹しようと思った。集中できたと思う」とベテランらしい走りを見せた。「オリンピックまで時間がないけど、一つひとつ積んでいって自信を持ってスタートラインに立てるようにやっていきたい」と、初五輪に向けてさらに仕上げていく。

3位に岸本鷹幸(富士通)が食い込んだが、参加標準記録には届かず内定はならず。ワールドランキングでも出場権獲得圏外のため五輪出場は難しい結果に。

参加標準記録突破者の一人だった山内大夢(早大)が4位で、初五輪をほぼ手中にし、標準記録切っていた豊田将樹(富士通)は5位となり東京五輪代表には届かなかった。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com