月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

ハンマー投のホープ・福田翔大が日本歴代7位の71m37で初優勝!多田と同じ大阪桐蔭出身、コーチはアジアの鉄人/日本選手権


◇日本選手権(6月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

東京五輪代表選考会となる第105回日本選手権の3日目。男子ハンマー投は福田翔大(日大)が日本歴代7位、学生歴代3位となる71m37で初優勝を飾った。

「地元なので優勝を狙っていました。実際に勝つと、グッとくるものがあってうれしかったです」

地元・大阪出身の福田。100mを制して五輪を決めた多田修平(住友電工)と同じ大阪桐蔭高出身で、やり投五輪代表の北口榛花(JAL)の大学の後輩でもある。多田が100mを制したのは「ホテルで見ていて鳥肌が立ちました」と言う。早くからその能力を期待され、昨年は日本記録保持者の室伏広治の大学2年時の記録を上回る“室伏超え”を果たしている。その福田が日大で師事しているのが、広治の父・室伏重信コーチだ。

この日は「攻めの投げを心掛けて71mを目標にしていました。3回目に投げて以降、72~73も行けるかなと思ったのですが……」と記録を伸ばせず悔しそうな表情。「71は出そうと思って出せた記録ではなかったということ」と反省する。

それでも、室伏広治と同じ大学3年時に日本選手権初優勝。その時の優勝記録は69m72だったことで2つ目の“室伏超え”だ。もちろん、「ずっと追いかけている存在」。自らの記録のはるか先に、偉大な先人が作った大会記録(83m29)と日本記録(84m86)を示すラインがある。室伏広治はその後、2014年まで日本選手権を20連覇。追いつくのは簡単ではないが、「自分も少しずつ連覇をして、追いつけるように頑張ります」。

男子ハンマー投期待のホープは、地元の日本選手権V&“室伏超え”でつかんだ自信を胸に、さらに記録を伸ばしていく構えだ。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com