月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

100mH寺田明日香が11年ぶり制覇も参加標準記録届かず即時内定とはいかず「走りぼんやりしてしまった」/日本選手権


◇日本選手権(6月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

東京五輪代表選考会となる第105回日本選手権の3日目。女子100mハードルは寺田明日香(ジャパンクリエイト)が優勝した。引退、出産、ラグビー挑戦なども経て陸上に再挑戦した寺田にとって3連覇を果たして以降11年ぶりのタイトル。だが、13秒09(±0.0)で参加標準記録は突破ならず即時内定とはいかなかった。

「つらかった」と一言。「日本選手権は特別だな」とホッとした様子も見せた。木南記念、布勢スプリントを終えて以降、「走ってはいたが、走りがぼんやりしてしまった」と言う。日本選手権では「予選、準決勝は余裕を持って決勝と思っていた。久しぶりに13秒かかってしまった。まだまだだな」と悔しさを滲ませた。

即時内定はならなかったが、ワールドランキングでの出場圏内にいるため、他国勢の結果次第で代表内定の可能性も大きい。

「たぶん(代表は)大丈夫だと思っています。しっかり修正すればオリンピックではラウンドを重ねていけると思う」

自身初のオリンピックへ。寺田の夢物語はまだまだ続いていく。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com