月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

多田修平が涙の初V!地元大阪で東京五輪代表に内定 3位山縣も3大会連続五輪代表決める各選手のコメント/日本選手権


◇日本選手権(6月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

東京五輪代表選考会となる第105回日本選手権の2日目。男子100mの決勝が行われた。優勝したのは地元・大阪出身の多田修平(住友電工)で、10秒15(+0.2)をマークして初Vで東京五輪代表内定を勝ち取った。

2位にデーデー・ブルーノ(東海大)が10秒19。デーデーは参加標準記録を突破していないため五輪の出場資格は保持していないため内定はならない。そして3位に山縣亮太(セイコー)が10秒27で続き、3大会連続の五輪代表に決まった。

4位以下に、参加標準記録を突破していた小池祐貴(住友電工)、桐生祥秀(日本生命)、サニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)と続き、いずれもこの場での代表内定はならなかった。3枠目は選考要項で「ワールドランキングで出場権を獲得した選手で日本選手権最上位」ということを踏まえて小池が代表入りに近い位置にいる。桐生、サニブラウンは個人での100m代表は厳しいものとなった。

各選手コメント
多田修平
「地元大阪で決められてよかった。(昨日誕生日で)最高のプレゼントになった。今まで以上に集中をしていました。ホッとしています。正直、レースの記憶がない。日本選手権に向けてスタートからの走りが良くなってきていたので、優勝も狙えるかなと思っていた。勝因は集中できたことと、自信を持って臨めたこと。(涙の理由は)4年くらい苦しい思いをしてきたので、感極まってしまった。浮かれず、集中して練習に臨みたい。オリンピックのファイナリストになりたいです」

山縣亮太
「朝は疲労感もすごかったが、身体が動くようにして臨んだ。勝って決めたかったのですごく複雑な気持ち。多田選手についていこうと思っていたが、速くて焦ってしまいました」

桐生祥秀
「オリンピックが決まってからここまでいろいろあった。いったん区切りかな、と。アキレス腱のことはいいわけにしたくない。話さないということで(気持ちを)わかってもらえれば」

小池祐貴
「身体の調子は良かったが、思い描いていたレースではなかった。まだスピード出るのになぁ、という感じ。めちゃくちゃ緊張していましたが良い緊張感。メンタル面でプレッシャーに弱いところがでてきたのかな」

サニブラウン・アブデル・ハキーム
「やることはやったので、準備不足かな、と。決勝は最後30mで動かなかった。今日はしっかり休んで体調を整えたい。200mもしばらく走っていないので予選で感覚を取り戻したい」

男子100m決勝結果(+0.2)
1多田修平(住友電工)10秒15
2デーデー・ブルーノ(東海大)10秒19
3山縣亮太(セイコー)10秒27
4小池祐貴(住友電工)10秒27
5桐生祥秀(日本生命)10秒28
6サニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)10秒29
7柳田大輝(東農大二高)10秒41
8東田旺洋(栃木スポ協)10秒42



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com