月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

田中希実1500mをセカンドベストの4分08秒39で優勝!2種目での東京五輪代表に大きく前進/日本選手権


◇日本選手権(6月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

東京五輪代表選考会となる第105回日本選手権の2日目。女子1500mは田中希実(豊田自動織機TC)が4分08秒39で優勝した。

5000mですでに代表に内定している田中。レースでは序盤から大きく飛び出し、400mを66秒で通過する。自身の持つ日本記録4分05秒27以上を狙える突っ込みを見せるが、フィニッシュ直前にやや足取りが鈍ってしまった。それでも自己2番目、パフォーマンス日本歴代3位となる4分08秒39で堂々の連覇。ワールドランキングでも東京五輪の出場枠45以内に入る38番目にランクインし、この結果を踏まえれば代表に大きく前進したと言える。

「今日はタイムを目指していたが、感覚と通過にずれがあった」と田中。「65~66秒通過をもっと楽にいければよかったが余裕がなかったので最後は上げられなかった」とし、「納得のいくレースができなかった」と悔しさをにじませた。

中学から取り組んできた1500mには強い思い入れがある。「5000mで戦うためにも1500mのスピード持久力は必要ですし、1500mでも世界と戦いたい。極めたいという思いを持って取り組んでいます」と田中。5000mとの2種目代表に近づいた田中は、世界でどんな走りをするのだろうか。

2位の卜部蘭(積水化学)も日本歴代7位の4分10秒52をマーク。卜部もワールドランキングで出場の可能性を残している。

女子1500mでオリンピックに日本人が出場したことはこれまでにない。東京五輪で史上初の挑戦へ――女子中距離界の歴史がついに動く。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com