月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

女子400mは小林茉由が初優勝!日本歴代4位の52秒86で3連覇懸かる青山聖佳を抑える/日本選手権


◇日本選手権(6月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

東京五輪代表選考会となる第105回日本選手権の2日目。女子400mで連覇中の青山聖佳(大阪成蹊大AC)を抑え、小林茉由(J.VIC)が優勝。日本歴代4位の52秒86をマークし、「調子は良かったですが52秒台はいつか出ればと思っていた記録」と自身も驚きの好記録だった。

悪い時は「コーナーでぎこちなくなる」という小林。だがこの日は青山に先行されても「スムーズに行けて、最後も腕がもげるくらい振れた」と振り返る。残り30mあたりで青山をとらえ、初Vのフィニッシュへと飛び込んだ。

東京・八王子高から日体大に進学し、卒業後も競技を継続。今は母校の八王子高で“先生”として高校生たちと一緒に汗を流す。「練習拠点を変えてから、より頑張らないと、と思って取り組んできました」。昨年から急成長を見せ、日本代表にも選出。世界リレーから日本選手権のオープンレースまで、4×400mリレーでの東京五輪代表権に向けて走った。そこに届かず、「代表があったから頑張ってこられたし、やっぱりリレーで結果を出したかった思いが強い」と小林。世界の扉を開くために「初心を忘れずに取り組みながら1位を取っていきたい」と決意を語った。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com