【Web特別記事/IH地区大会トピック】〝記録保持者〟からの脱却 藤山有希が初のインターハイへ

【IH南関東大会トピック】

〝記録保持者〟からの脱却 
走幅跳・藤山有希が初のインターハイへ

南関東大会、女子走幅跳を制した藤山有希

追い風参考ながら6m以上2本
中学記録保持者の重圧に打ち勝ち全国へ

 沖縄インターハイへの出場権を懸けた南関東大会。女子走幅跳は、藤山有希(東海大相模3神奈川)が6m09(+3.5)を跳んで優勝し、初めてのインターハイ出場を決めた。

「最後の年でインターハイを決められてよかったです」

 藤山は1回目に5m86(+1.9)をマークしてトップで4回目以降に進んだ。その4回目には、スピードの乗った助走からの大きなジャンプに、スタンドから「オォー」と感嘆の声が漏れる。惜しくも追い風参考だったが、6m05(+5.1)と大きな跳躍。さらに6回目に6m09(+3.5)と記録を伸ばした。風が強くなったり収まったりする難しいコンデション。それでも、1回もファウルすることなく対応してみせた。

 2016年の岩手国体。少年B走幅跳で、足柄台中3年だった藤山は6m20(-0.1)の中学新を跳んで優勝した。当時インターハイ1年生優勝を果たしていた高良彩花(園田学園高、現・筑波大)ら高校生たちを抑え、あの池田久美子(酒田三中、現日本記録保持者)が作った6m19の中学記録を21年ぶりに更新。衝撃を与えた。

2016年の岩手国体では6m20の中学新記録を樹立した


 東海大相模高に進んだ藤山。注目を集めた高校最初のシーズンだったが、〝中学記録保持者〟という肩書が重たくのしかかる。

「1年目は記録保持者としてのプレッシャーを感じました。それ(肩書)と跳躍がなかなか噛み合わなくて」

 1年目は南関東大会で10位。連覇を狙った国体は18位、U18日本選手権13位と結果を残すことができなかった。巻き返しを誓った昨シーズンは、春に右太ももの筋膜炎を発症して神奈川県大会7位。「気持ち的にあきらめかけた」。それでも、顧問の先生から「絶対に強くなるから」と声を掛けられて前を向いた。昨年、同じく中学時代から活躍し、1年目は苦しんでいた同級生の三村香菜実も復調。「今年は戻らないと」と奮起し、「跳躍をゼロから作り直した」と言う。

「中学時代は200mも得意で、体重も軽かったのでそのままの勢いで跳んでいるだけでした。今は、助走からのリズムを考えて、しっかり自分から跳んでいる感じ」

〝跳べてしまった〟から〝跳んでいる〟への変化。南関東直前の相模原市民選手権では、中学記録樹立時以来の6mとなる、6m01(+0.8)をマークした。走幅跳だけでなく、三段跳でも結果を残し、12m37を持って全国へコマを進めたが、ほとんど練習はしておらず「走幅跳に懸けています」と、本職へ強いこだわりを見せる。

「全国には強い選手がたくさんいます。日本一になれればうれしいですが、まずは6mをしっかり跳んで楽しめたら」

 重圧から解き放たれた藤山。最初で最後のインターハイで、中学時代の自分を大きく飛び越えるつもりでいる。
(文/向永拓史)