【Web特別記事/IH地区大会トピック】棒高跳・古澤一生 勝ち切る強さを身につけて全国へ

【IH地区大会トピック】

棒高跳・古澤一生
勝ち切る強さを身につけて全国へ

北関東大会棒高跳を制した古澤一生

悪条件でしっかり勝ち切る
2年生優勝へ着実に成長

 沖縄行きの切符を懸けた北関東大会の男子棒高跳には、大きな注目が集まった。群馬県大会で、5m30の高校歴代4位タイ、高2歴代3位を跳んだ古澤一生(前橋育英2)が〝どれだけ跳ぶのか〟――結果は、4m90。優勝したものの、記録更新とはならなかった。

「納得のいく跳躍をして優勝したいと思っていました。去年は3位だったので、北関東のタイトルを取れたのはよかったですが、記録の面ではまだまだ」

 4m70から登場した古澤は、1回で成功させ4m80をパス。4m90を3回目で成功して優勝を決めた。その後は、大会新となる5m10に挑戦したが失敗。「風に対応できなかったです」。高さは出ていたが最後まで押し切れなかった。13時半にスタートしたが、表彰式では陽がすっかり落ち、大きな月が顔を出していた。

 全中は2年時から連覇を果たし、中学記録(5m05※室内)も作った古澤。鳴り物入りで高校陸上界に挑んだ昨年は、江島雅紀(荏田、現日大)の持つ高1歴代最高(5m20)を塗り替える5m22をマークした。しかし、1年生優勝を狙ったインターハイでは4m80で6位。常に記録と結果を求められるプレッシャーの中でシーズンを戦い、先輩たちの強さの前に屈した。

 その1年を経験し、古澤は一皮むけた。北関東大会は、途中で風向きのピットの変更があったが運悪く向かい風に変わった。さらにウォーミングアップを始めた途端に雷雨による中断。「今までにないほどのアクシデント。悪条件でした」と言う中で、しっかりと勝ち切る。そこが、古澤の成長した証だった。

 もちろん、跳躍面でも向上している。「助走スピードもついてきました。上半身も少しずつパワーアップして、15フィートのポールの握りも高いところを持てるようになりました」と、自身も成長を感じているようだ。今は15フィート180ポンドを使用しているが、より長い15.7フィートで「しっかりポールを立たせることができれば5m40から50くらいを狙えます」と、すでに次のステージを見据えている。

「まずは日本選手権で挑戦。去年のインターハイは6位だったので、予選からしっかり跳べるようにしたい。5mからの勝負になると思うので、3本目ではなく、1回でしっかり跳んでいきたいです。プレッシャーはありますが、それに負けない強さを出せるようにがんばります」

 常に記録を期待され、結果を求められる。あこがれの偉大な先輩・江島がそれに打ち勝ってきたように、古澤もまたその高みを目指している。江島が持つ高2歴代最高は5m36。この高さを越え、2年生優勝を果たした時、また一歩近づくことができる。
(文/向永拓史)

勝ち切る強さを身につけた古澤