月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

立命大が21大会連続の伊勢路行き決めるトップ通過! 大経大は3年ぶりの全日本出場へ/全日本大学駅伝関西学連出場大学選考会

第53回全日本大学駅伝対校選手権大会関西学連出場大学選考会が6月13日にたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)で開催された。本戦の出場枠「3」を巡って10000mのレース4組に出走した10人のうち上位8人の合計で争われ、立命大、関学大、大経大が伊勢路への出場権を手にした。

1位通過の立命大は「今のメンバーで一番良い流れを作れるオーダー」(山菅善樹駅伝監督)を組み、28分55秒90の自己記録を持つエースの山田真生(3年)を2組に起用。「後ろ2人を付けながら1人で押していく感じで考えていました」とチームメイトの山崎皓太と中田千太郎(ともに1年)を引き連れながら、果敢に先頭を引っ張った。

5000mを14分50秒で通過すると、6000m過ぎに独走となってからも淡々と1km3分ペースで押し続ける。ラスト1000mで切り替え、全体トップとなる29分42分20秒でフィニッシュすると、山崎が30分27秒66の2着、中田が30分54秒55の4着で続き、この時点で2位以下を大きく引き離した。

3組では苦戦したが、4組は高畑凌太(4年)が4着、谷口晴信が7着(2年)、大森駿斗(1年)とまずまずの結果。4組で猛追した関学大を振り切った。

上位8人のうち、3人が1年生で締めた立命大。「よく走ってくれたと思います。3人とも大学に入学するまで高校の先生にしっかりトレーニングを見て頂いていたので、入学してからもスムーズに練習に入ることができました」と山菅監督は目を細めた。

今年の新入生は有望株揃い。智辯カレッジ高(奈良)出身の大森と中田は昨年の全国高校駅伝でそれぞれ2区区間2位、6区区間2位と好走。洛南出身の山崎は都大路の出走経験こそないが、5月の関西学生チャンピオンシップの男子10000mで4位(29分53秒29)と早くも結果を残している。出雲駅伝5位、全日本大学駅伝8位を目指すチームの起爆剤となりそうだ。

2組で全体トップの29分42秒20と好走した山田真生(右端)

2位で関学大が続き、最後のイスに滑り込んだのが大経大だった。

1組で藤村晴夫(1年)、3組で坂本智基(2年)がそれぞれ組トップになるなど、安定した走りで安全圏に持ち込んだと思われた。しかし、4組で故障を押して出場した片山蓮(3年)が32分05秒04の26着と失速。京産大と関大との3位争いに巻き込まれた。

結果発表まで不安な時間が続いたが、次点の京産大と6秒05差で何とか3位に入り、3年ぶりの伊勢路切符を掴み取った。2008年北京五輪男子5000m、10000m代表の竹澤健介長距離ヘッドコーチは「ホッとしました。今回出られたことで飛躍の一歩になってくれたら嬉しいですね」と頬を緩ませた。前回出場時に出走した選手は残っておらず、全員にとってこれが初めての伊勢路となる。今大会を上昇の足掛かりとすることができるだろうか。

歴代最多48回の本大会出場記録を持ち、昨年まで8大会連続で関西地区代表の座を守っていた京産大が4位で敗退。チームトップの29分54秒85だった時岡宗生(3年)が日本学連選抜チームの推薦選手に選ばれた。

■全日本大学駅伝関西地区選考会
立命大 4時間04分51秒14(21大会連続33回目)
関学大 4時間05分14秒83(3大会連続11回目)
大経大 4時間07分45秒43(3大会ぶり23回目)
———————————-
京産大 4時間07分51秒48
関 大 4時間08分05秒52
びわこ学大 4時間11分55秒30
京 大 4時間13分24秒42
大阪大 4時間21分08秒76
近畿大 4時間22分40秒68

文/馬場 遼



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com