月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

十種競技・右代啓祐、3大会連続五輪への道険し スペインの競技会を途中棄権

十種競技日本記録保持者の右代啓祐(国士舘クラブ)が6月12日、13日、スペインで行われたX Meeting Internacional Aronaに出場し、2日目の棒高跳を終えた時点で途中棄権した。

2012年ロンドン、16年リオと2大会連続でオリンピックに出場している右代。100mを11秒47(1.2)でスタートすると、得意の砲丸投では出場者中3番となる14m93など気を吐いた。しかし、2日目、8種目めの棒高跳で記録なしに終わり、その後途中棄権となった。

右代は自身のSNSで「今後のチャレンジに望みをかけて残りの2種目は回避する決断をしました」と綴り、「もう一度チャンスが来る事を願いながら準備します」と、競技会への出場も示唆した。だが、東京五輪の参加標準記録の有効期限は6月29日まで。帰国後に2週間の隔離期間が設けられる予定で、東京五輪への挑戦は厳しいものとなった。

右代は3大会連続となる東京五輪出場を目指していたが、5月末時点で参加標準記録8350点をクリアできておらず、参加資格の一つであるポイントによるワールドランキングで順位を上げるために、同日の日本選手権を欠場して、より世界陸連のカテゴリーが格上のスペインでの競技会出場を選択した。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com