HOME ニュース、国内

2021.05.16

五輪代表・廣中が女子3000m大会新V、男子5000mは富士通ルーキー・塩澤が日本人トップ/東日本実業団
五輪代表・廣中が女子3000m大会新V、男子5000mは富士通ルーキー・塩澤が日本人トップ/東日本実業団


男子5000mで日本人トップを占めた富士通のルーキー・塩澤稀夕(右から2人目)

◇第63回東日本実業団選手権(5月15日~16日/埼玉・熊谷文化スポーツ公園競技場)

広告の下にコンテンツが続きます

東日本実業団選手権の2日目が行われ、女子3000mには東京五輪10000m代表の廣中璃梨佳(日本日本郵政グループ)が出場。大会新の8分56秒65で貫録勝ちした。5月3日の日本選手権10000mを日本歴代7位の31分11秒75で制して五輪切符をつかんだ20歳は、9日の東京五輪テストイベント「READY STEADY TOKYO」の5000mにも出場し、15分12秒86で4位。2週間の中で3試合に出場するハードスケジュールをものともせずに好タイムでまとめ、改めてその強さを示した。

男子5000mは東海大出身のルーキー・塩澤稀夕(富士通)が13分39秒81で日本人トップの5位。優勝は13分29秒43だったジャスティス・ソゲット(Honda)で、前日の1500mとの2冠に輝いた。


自己新を連発して男子ハンマー投に快勝した柏村亮太(ヤマダホールディングス)

男子ハンマーでは柏村亮太(ヤマダホールディングス)が2投目に日本歴代6位の自己ベストを4年ぶりに4cm更新する71m40をマークすると、3投目にはさらに71m50まで記録を伸ばして優勝した。男子800mは昨年の日本選手権1500m王者・館澤亨次(DeNA)が1分48秒64の大会新で制覇。2年ぶりの同種目出場で、自己ベスト(1分50秒98、18年)を大幅に更新した。2位の梅谷健太(サンベルクス)も1分48秒73で従来の大会記録を上回った。女子3000m障害では森智香子(積水化学)が9分50秒67の大会新で快勝した。

広告の下にコンテンツが続きます

男子200mでは、前日の100mとの2冠がかかった白石黄良々(セレスポ)が予選で途中棄権するアクシデント。決勝は中大卒の1年目・染谷佳大(大和ハウスが20秒94(-1.5)で制した。

また、T11(視覚障がい)男子5000mで、東京パラリンピック代表の唐澤剣也(群馬社福事業団)が15分09秒94の世界新記録をマークした。従来の記録は2004年にヘンリー・ワニョイケ(ケニア)がアテネ・パラリンピックで作った15分11秒07で、14年ぶりの更新。同じ東京パラリンピック代表で、同種目のアジア記録(15分11秒79)を持っていた和田伸也(長瀬産業)に8秒近い差(15分17秒41で2位)をつけた。

男子5000mで日本人トップを占めた富士通のルーキー・塩澤稀夕(右から2人目) ◇第63回東日本実業団選手権(5月15日~16日/埼玉・熊谷文化スポーツ公園競技場) 東日本実業団選手権の2日目が行われ、女子3000mには東京五輪10000m代表の廣中璃梨佳(日本日本郵政グループ)が出場。大会新の8分56秒65で貫録勝ちした。5月3日の日本選手権10000mを日本歴代7位の31分11秒75で制して五輪切符をつかんだ20歳は、9日の東京五輪テストイベント「READY STEADY TOKYO」の5000mにも出場し、15分12秒86で4位。2週間の中で3試合に出場するハードスケジュールをものともせずに好タイムでまとめ、改めてその強さを示した。 男子5000mは東海大出身のルーキー・塩澤稀夕(富士通)が13分39秒81で日本人トップの5位。優勝は13分29秒43だったジャスティス・ソゲット(Honda)で、前日の1500mとの2冠に輝いた。 自己新を連発して男子ハンマー投に快勝した柏村亮太(ヤマダホールディングス) 男子ハンマーでは柏村亮太(ヤマダホールディングス)が2投目に日本歴代6位の自己ベストを4年ぶりに4cm更新する71m40をマークすると、3投目にはさらに71m50まで記録を伸ばして優勝した。男子800mは昨年の日本選手権1500m王者・館澤亨次(DeNA)が1分48秒64の大会新で制覇。2年ぶりの同種目出場で、自己ベスト(1分50秒98、18年)を大幅に更新した。2位の梅谷健太(サンベルクス)も1分48秒73で従来の大会記録を上回った。女子3000m障害では森智香子(積水化学)が9分50秒67の大会新で快勝した。 男子200mでは、前日の100mとの2冠がかかった白石黄良々(セレスポ)が予選で途中棄権するアクシデント。決勝は中大卒の1年目・染谷佳大(大和ハウスが20秒94(-1.5)で制した。 また、T11(視覚障がい)男子5000mで、東京パラリンピック代表の唐澤剣也(群馬社福事業団)が15分09秒94の世界新記録をマークした。従来の記録は2004年にヘンリー・ワニョイケ(ケニア)がアテネ・パラリンピックで作った15分11秒07で、14年ぶりの更新。同じ東京パラリンピック代表で、同種目のアジア記録(15分11秒79)を持っていた和田伸也(長瀬産業)に8秒近い差(15分17秒41で2位)をつけた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS “初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

2024.02.25

“初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

NEWS 山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

2024.02.25

山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

2024.02.25

豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

2024.02.25

男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top