月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

五輪代表・廣中が女子3000m大会新V、男子5000mは富士通ルーキー・塩澤が日本人トップ/東日本実業団


男子5000mで日本人トップを占めた富士通のルーキー・塩澤稀夕(右から2人目)

◇第63回東日本実業団選手権(5月15日~16日/埼玉・熊谷文化スポーツ公園競技場)

東日本実業団選手権の2日目が行われ、女子3000mには東京五輪10000m代表の廣中璃梨佳(日本日本郵政グループ)が出場。大会新の8分56秒65で貫録勝ちした。5月3日の日本選手権10000mを日本歴代7位の31分11秒75で制して五輪切符をつかんだ20歳は、9日の東京五輪テストイベント「READY STEADY TOKYO」の5000mにも出場し、15分12秒86で4位。2週間の中で3試合に出場するハードスケジュールをものともせずに好タイムでまとめ、改めてその強さを示した。

男子5000mは東海大出身のルーキー・塩澤稀夕(富士通)が13分39秒81で日本人トップの5位。優勝は13分29秒43だったジャスティス・ソゲット(Honda)で、前日の1500mとの2冠に輝いた。


自己新を連発して男子ハンマー投に快勝した柏村亮太(ヤマダホールディングス)

男子ハンマーでは柏村亮太(ヤマダホールディングス)が2投目に日本歴代6位の自己ベストを4年ぶりに4cm更新する71m40をマークすると、3投目にはさらに71m50まで記録を伸ばして優勝した。男子800mは昨年の日本選手権1500m王者・館澤亨次(DeNA)が1分48秒64の大会新で制覇。2年ぶりの同種目出場で、自己ベスト(1分50秒98、18年)を大幅に更新した。2位の梅谷健太(サンベルクス)も1分48秒73で従来の大会記録を上回った。女子3000m障害では森智香子(積水化学)が9分50秒67の大会新で快勝した。

男子200mでは、前日の100mとの2冠がかかった白石黄良々(セレスポ)が予選で途中棄権するアクシデント。決勝は中大卒の1年目・染谷佳大(大和ハウスが20秒94(-1.5)で制した。

また、T11(視覚障がい)男子5000mで、東京パラリンピック代表の唐澤剣也(群馬社福事業団)が15分09秒94の世界新記録をマークした。従来の記録は2004年にヘンリー・ワニョイケ(ケニア)がアテネ・パラリンピックで作った15分11秒07で、14年ぶりの更新。同じ東京パラリンピック代表で、同種目のアジア記録(15分11秒79)を持っていた和田伸也(長瀬産業)に8秒近い差(15分17秒41で2位)をつけた。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com