HOME ニュース、海外

2021.05.16

エキルが世界歴代5位タイの2時間2分57秒でV、女子はゲブレキダンが今季世界最高の2時間19分35秒/ミラノマラソン
エキルが世界歴代5位タイの2時間2分57秒でV、女子はゲブレキダンが今季世界最高の2時間19分35秒/ミラノマラソン


ミラノマラソン(イタリア)が5月16日に行われ、男子はT.エキル(ケニア)が世界歴代5位タイの2時間2分57秒で、女子はH.ゲブレキダン(エチオピア)が2時間19分35秒でそれぞれ優勝した。いずれも今季世界最高タイムだった。

レースはミラノ中心部にあるスフォルツェスコ城前の1周7.5kmの周回コースで行われ、気温は13度だった。

男子の先頭集団は5km14分47秒、10km29分28秒、15km44分13秒で通過。2019年ドーハ世界選手権5位のM.スティーブン(南アフリカ)がペースメーカーを務め、中間点は1時間1分48秒だった。

優勝したエキルは30km過ぎに飛び出し、35kmまでの5kmを14分11秒で突っ走ると次の5kmも14分35秒でカバー。そのままトップでフィニッシュした。

これまでの自己ベストは2019年のミラノでマークした2時間4分46秒。それを1分49秒更新してこの大会2勝目を果たした。

エキルは1992年1月生まれの29歳。19年アフリカ選手権ではハーフマラソンで優勝している。2020年3月の東京マラソンに出場したが、途中棄権している。

2位にはR.キピエゴ(ケニア)が2時間3分55秒の自己新で入り、3位のB.キプダム(ケニア)も自己ベストの2時間4分16秒をマーク。6位までが2時間5分を切った。

女子はゲブレキダンが序盤から主導権を握る展開。5kmを16分43秒で通過すると、ハーフ通過時点では後続と20秒ほどのリード。30km(1時間38分28秒)では2位に1分24秒ものリードを広げ、その後も快調に先頭を走り続けた。

5月11日に26歳を迎えたばかりのゲブレキダンは、これまでの自己ベストが19年12月の広州(中国)でマークした2時間23分50秒。今回、4分以上も更新した。

■トップ3の成績
●男子
①T. エキル(ケニア)2.02.57
②R.キピエゴ(ケニア)2.03.55
③B.キプダム(ケニア)2.04.16

●女子
①H.ゲブレキダン(エチオピア)2.19.35
②R.ムトガー(ケニア)2.22.50
③E.チュンバ(バーレーン)2.23.10

ミラノマラソン(イタリア)が5月16日に行われ、男子はT.エキル(ケニア)が世界歴代5位タイの2時間2分57秒で、女子はH.ゲブレキダン(エチオピア)が2時間19分35秒でそれぞれ優勝した。いずれも今季世界最高タイムだった。 レースはミラノ中心部にあるスフォルツェスコ城前の1周7.5kmの周回コースで行われ、気温は13度だった。 男子の先頭集団は5km14分47秒、10km29分28秒、15km44分13秒で通過。2019年ドーハ世界選手権5位のM.スティーブン(南アフリカ)がペースメーカーを務め、中間点は1時間1分48秒だった。 優勝したエキルは30km過ぎに飛び出し、35kmまでの5kmを14分11秒で突っ走ると次の5kmも14分35秒でカバー。そのままトップでフィニッシュした。 これまでの自己ベストは2019年のミラノでマークした2時間4分46秒。それを1分49秒更新してこの大会2勝目を果たした。 エキルは1992年1月生まれの29歳。19年アフリカ選手権ではハーフマラソンで優勝している。2020年3月の東京マラソンに出場したが、途中棄権している。 2位にはR.キピエゴ(ケニア)が2時間3分55秒の自己新で入り、3位のB.キプダム(ケニア)も自己ベストの2時間4分16秒をマーク。6位までが2時間5分を切った。 女子はゲブレキダンが序盤から主導権を握る展開。5kmを16分43秒で通過すると、ハーフ通過時点では後続と20秒ほどのリード。30km(1時間38分28秒)では2位に1分24秒ものリードを広げ、その後も快調に先頭を走り続けた。 5月11日に26歳を迎えたばかりのゲブレキダンは、これまでの自己ベストが19年12月の広州(中国)でマークした2時間23分50秒。今回、4分以上も更新した。 ■トップ3の成績 ●男子 ①T. エキル(ケニア)2.02.57 ②R.キピエゴ(ケニア)2.03.55 ③B.キプダム(ケニア)2.04.16 ●女子 ①H.ゲブレキダン(エチオピア)2.19.35 ②R.ムトガー(ケニア)2.22.50 ③E.チュンバ(バーレーン)2.23.10

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.14

國學院大・高山豪起が全体トップの28分25秒72! 2年の辻原輝が28分27秒93で続く/関東学生網走夏季記録挑戦競技会

関東学生網走夏季記録挑戦競技会は7月14日、網走市営陸上競技場で行われ、男子10000mは高山豪起(國學院大3)が28分25秒72で全体トップとなった。 高山はハイペースでレースを進め、残り2周で留学生を追い抜いて3組1 […]

NEWS 【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

2024.07.14

【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

第78回国スポ選考会・第9回福岡県高校学年別選手権の2日目が行われ、女子ハンマー投で工藤実幸乃(筑豊3)が56m36の高校歴代6位のの好記録をマークした。 工藤は6月のU20日本選手権は54m87で2位。今季のランキング […]

NEWS 400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

2024.07.14

400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

男子400mでパリ五輪代表に内定した中島佑気ジョセフ(富士通)が都内で会見を開き、パリ五輪に向けた意気込みを語った。 日本選手権を連覇した中島。パリ五輪の参加標準記録(45秒00)はクリアできなかったが、ワールドランキン […]

NEWS パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

2024.07.14

パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

2024.07.14

4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top