月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子5000mでヴィンセントが14年ぶり学生新の13分15秒15!石原がU20日本歴代2位の13分30秒98/日体大長距離競技会


5月9日の日体大長距離競技会男子5000m10組でイェゴン・ヴィンセント(東京国際大)が13分15秒15の学生新記録を樹立した。従来の学生記録は2007年に竹澤健介(早大/現・大阪経大長距離ブロックヘッドコーチ)がマークした13分19秒00。
 
ヴィンセントは昨年の箱根駅伝3区(21.4km)で59分25秒の区間新をマークすると、今年の箱根は花の2区(23.1km)を1時間5分49秒で走破。前年に相澤晃(東洋大/現・旭化成)が打ち立てた区間記録1時間5分57秒を塗り替え、2年連続で驚異的なスピードで駆け抜けた。10000mの自己ベストは27分38秒48(2020年)。
 
また、同じ組で4着に入った石原翔太郎(東海大)が13分30秒98をマーク。大学2年生の石原は、今年の箱根駅伝3区で区間賞を獲得。2002年生まれのため、U20日本歴代2位の好タイムとなった。

●男子5000m 学生歴代5傑
13.15.15 Y.ヴィンセント(東京国際大3)
13.19.00 竹澤 健介(早大3)
13.20.43 高岡 寿成(龍谷大4)
13.20.80 大迫  傑(早大4)
13.21.49 上野裕一郎(中大4)

●男子5000m U20日本歴代3傑
13.25.87 吉居 大和(中大1)
13.30.98 石原翔太郎(東海大2)
13.31.72 佐藤 悠基(東海大1)
13.34.74 石田 洸介(東農大二高3群馬) 2020. 9.27
13.35.2 高尾 憲司(旭化成) 1994. 5.28



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com