月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

110mH日本記録保持者・金井大旺が13秒38でV!泉谷、高山ら抑える/東京五輪テストイベント


◇東京五輪テストイベントREADY STEADY TOKYO/世界陸連コンチネンタルツアー・ゴールド(5月9日/東京・国立競技場)

東京五輪テストイベント(コンチネンタルツアー・ゴールド)男子110mハードルは、日本記録保持者の金井大旺(ミズノ)が圧巻のパフォーマンスを見せた。

4月29日の織田記念(広島)で13秒16(+1.7)という驚異的な日本新記録を樹立した金井。それから間もない今大会では、泉谷駿介(順大)に加え、織田記念を欠場していた高山峻野(ゼンリン)と、ドーハ世界選手権代表3人による好記録が期待された。

そんな中でも金井の走りは際立っていた。序盤からリードを奪うと、中盤以降も一気に抜け出し、向かい風0.8mを突いて13秒38で優勝を飾り、13秒43の泉谷、13秒45の高山を抑えた。

「ちょっとタイムにつながらなかった」と金井。実はこの日の10台並べられたハードルの中で1台目と2~10台目でメーカーが違うものだった。1台目が国立競技場に常設のもので、2台目以降は東京五輪で採用される「モンド社製」。同社のハードルの数が足りなかったことでこうした対応となったという。そこで少し感覚を乱してしまい「スピードを失ってしまった」と話す。

織田記念での快走を見せたものの「追い風があったから」とすでに次を見据えている金井。「オーバースピードの中でも刻めるような走りをしていきたい」と、高いレベルでの安定を求めていく。

すでに東京五輪の参加標準記録を突破済みで、6月の日本選手権で3位以内に入れば代表に内定。東京五輪を最後に競技を退き、父の跡を継いで歯科医になるために医学の道へと進むと決めている。オリンピックのファイナルへ――金井のラストシーズンは、いよいよカウントダウンが始まる。

2位の泉谷は「今日は1台目までが良かった」と課題だった8歩から7歩に変えたスタートから1台目のアプローチがうまくいったが、「3台目でぶつけて」リズムに乗れなかった。「また参加標準記録(13秒32)を切れなかった」と悔しがる。次戦は2週間後の関東インカレの予定だ。

前日本記録保持者(13秒25)の高山は織田記念の前日練習で左ヒラメ筋に痛みが出て棄権。「それからほとんど練習せずに出たわりに、13秒7台が出ればいいと思っていたのでまずまず」と納得の表情を浮かべる。6月の布勢スプリント、そして日本選手権に照準を合わせており、「そこまでの時間でしっかり脚を治していきたい」と話した。高山も参加標準記録は突破しているため、日本選手権でメダル獲得すればオリンピック代表に決まる。

4位の村竹ラシッド(順大)は13秒51と自己新で、学生歴代4位にランクインする好記録だった。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com