HOME ニュース、国内

2021.05.05

東京五輪標準記録狙った山縣亮太 予選8.3m、決勝4.7mの向かい風に泣く/水戸招待
東京五輪標準記録狙った山縣亮太 予選8.3m、決勝4.7mの向かい風に泣く/水戸招待

サトウ食品日本グランプリシリーズの水戸招待が5月5日に行われた。男子100mにはロンドン、リオ五輪代表の山縣亮太(セイコー)が出場。東京五輪の参加標準記録となる10秒05を狙ってエントリーしたものの、この日はあいにくの天候に。12時過ぎに行われた予選は向かい風8.3mのなかで10秒95。スタートからいつも以上に前傾。2着に0.28秒差をつけたが、さすがの山縣もなかなか身体が進まなかった。

広告の下にコンテンツが続きます

約3時間半後の決勝でも風は収まらず。向かい風4.7mの中で10秒71をマーク。悪コンディションにも「たまにあることなので、こういう中でもしっかり走ることが求められる」と山縣。「10秒05を切るつもりで臨んだので残念ですが、次に気持ちを切り替えたい。記録を切って日本選手権で順位をとってオリンピックにつなげたい」と語った。

3大会連続での五輪を目指す山縣は、4月29日の織田記念で桐生祥秀(日本生命)らを抑えて10秒14で優勝するなど、オリンピックシーズンにケガから復調の兆しを見せている。男子100mはすでに東京五輪の参加標準記録をkサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)、桐生、小池祐貴(住友電工)が突破。参加標準記録を突破した選手が6月の日本選手権で3位以内に入れば代表に内定する。

その他のグランプリ種目では、男子走幅跳の小田大樹(ヤマダホールディングス)が7m95(+3.9)で優勝。4月29日の織田記念に続いて連勝した。男子円盤投は日本記録保持者の堤雄司(ALSOK群馬)が56m73でV。女子棒高跳は那須眞由(籠谷)が4m13で制し、7位の柳川美空(前橋育英高1群馬)は屋外での高1歴代最高となる3m93をマークしている。

サトウ食品日本グランプリシリーズの水戸招待が5月5日に行われた。男子100mにはロンドン、リオ五輪代表の山縣亮太(セイコー)が出場。東京五輪の参加標準記録となる10秒05を狙ってエントリーしたものの、この日はあいにくの天候に。12時過ぎに行われた予選は向かい風8.3mのなかで10秒95。スタートからいつも以上に前傾。2着に0.28秒差をつけたが、さすがの山縣もなかなか身体が進まなかった。 約3時間半後の決勝でも風は収まらず。向かい風4.7mの中で10秒71をマーク。悪コンディションにも「たまにあることなので、こういう中でもしっかり走ることが求められる」と山縣。「10秒05を切るつもりで臨んだので残念ですが、次に気持ちを切り替えたい。記録を切って日本選手権で順位をとってオリンピックにつなげたい」と語った。 3大会連続での五輪を目指す山縣は、4月29日の織田記念で桐生祥秀(日本生命)らを抑えて10秒14で優勝するなど、オリンピックシーズンにケガから復調の兆しを見せている。男子100mはすでに東京五輪の参加標準記録をkサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)、桐生、小池祐貴(住友電工)が突破。参加標準記録を突破した選手が6月の日本選手権で3位以内に入れば代表に内定する。 その他のグランプリ種目では、男子走幅跳の小田大樹(ヤマダホールディングス)が7m95(+3.9)で優勝。4月29日の織田記念に続いて連勝した。男子円盤投は日本記録保持者の堤雄司(ALSOK群馬)が56m73でV。女子棒高跳は那須眞由(籠谷)が4m13で制し、7位の柳川美空(前橋育英高1群馬)は屋外での高1歴代最高となる3m93をマークしている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.17

メルボルン五輪女子円盤投金のフィコトバ・コノリー氏が死去 バスケ選手としても活躍

1956年メルボルン五輪女子円盤投金メダルのO.フィコトバ・コノリー氏(チェコスロバキア→米国)が4月12日に亡くなったことを欧州陸連が発表した。91歳だった。 フィコトバ・コノリー氏はメルボルン五輪を五輪新の53m69 […]

NEWS パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

2024.04.17

パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

今夏のパリ五輪・パラリンピックで日本選手団が着用する公式スポーツウエアが4月17日に公開された。 メーカーはアシックス。ジャケットは赤を基調に、パリの日の出をイメージしたデザインがあしらわれている。寒暖差が予想されるため […]

NEWS 男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

2024.04.17

男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

4月15日、伝統の第128回ボストンマラソンが米国で開催され、男子はS.レンマ(エチオピア)が2時間6分17秒で、女子はロンドン・ドーハ世界選手権5000m金メダルのH.オビリ(ケニア)が2時間22分37秒で優勝した。 […]

NEWS やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

2024.04.16

やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

男子やり投のディーン元気(ミズノ)が、4月16日に行われたプロ野球の中日対ヤクルトの始球式を行った。 背番号は88で、「87m60(の日本記録)を超えたい」という思いを込めたという。ディーンはワンバウンドながら球速139 […]

NEWS 静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

2024.04.16

静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

日本グランプリシリーズの第39回静岡国際陸上競技大会(5月3日/静岡・エコパスタジアム)のエントリーリストが4月15日に主催者から発表されている。 男子では200mに昨年のブダペスト世界選手権代表・鵜澤飛羽(筑波大)や飯 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top