月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

10kmの部は早大がワンツー!辻文哉、ルーキー伊藤大志が30分08秒/東京五輪テストイベント


◇北海道札幌マラソンフェスティバル2021(北海道・札幌)

東京五輪のテストイベントである北海道・札幌マラソンフェスティバル2021が5月5日行われた。10kmの部、男子は早大の辻文哉とルーキーの伊藤大志でワンツーフィニッシュ。記録はともに30分08秒で着差ありで辻がトップ。3位に30分38秒で新井大貴(帝京大)が入った。

辻は昨年の全日本大学駅伝で1区を務めて区間6位。伊藤は長野・佐久長聖高から入学したばかりのルーキーで、高校時代は5000mで高校歴代2位となる13分36秒57をマークしている。

女子は2名のみ出場で岡本奈々依(ニトリ)が34分58秒で1着、澤井いずみ(作、AC北海道)が36分42秒だった。

10kmの部入賞者(男子)
1 辻 文哉(早大)30.08
2 伊藤大志(早大)30.08
3 新井大貴(帝京大)30.38
4 大柳達哉(札幌学大)31.07
5 幸谷玲弥(札幌学大)31.09
6 西久保雄志朗(帝京大)31.18
7 村上一大(札幌学大)31.20
8 木村一輝(札幌学大)31.20

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com